« 憲法解釈変更による自衛権拡大は問題 | トップページ | 牛久市政情報誌「USHIKU」 »

2015年8月 2日 (日)

奥野サマーナイトフェスティバル

8月1日16時からおくの学園サマーナイトフェスティバルが奥野小で開かれました。昨年の奥野小誕生50周年記念パーティーにつづくもの。第1部:保育園児による太鼓実演、神輿歩き。第2部:奥野自慢と題するお話と二中OBを含むバンド演奏。第3部:校庭に於いての花火打ち上げや参加住民の交流。いつもの楽しい屋台もあり祭り気分を味わうものでした。参加数は児童・生徒数よりも多い大人の参加で300人くらい?焼きそば等は早々に売り切れて残念な方も。Photo_3 バンド終了後の市長のご挨拶に”おくの学園”の意味が少し読み取れました。フェスティバルは、この冠をつけた初めてのイベントということで、奥野地区だからこそできそうな新しい町おこしを目指しているように受け取れました。幼児・園児、小学生、中学生、青年、大人に、農家もサラリーマンも地区住民全員参加で住みよさをつくり上げていく。奥野の奥野の人々による奥野のためでありながら牛久市民のためでもある、ことによると少子化に向っている日本に新たな生活のあり方を実現するモデル地区の一つになるかも。夢を描けばやり甲斐のあることです。<2015.8.2記>

« 憲法解釈変更による自衛権拡大は問題 | トップページ | 牛久市政情報誌「USHIKU」 »

おくのキャンパス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 憲法解釈変更による自衛権拡大は問題 | トップページ | 牛久市政情報誌「USHIKU」 »