« あのとき 1 | トップページ | 市内学校HP探訪2:奥野小 »

2015年10月21日 (水)

市内学校HP探訪1:中根小

 牛久市内小中学校ホームページのなかには、ユニークなコンテンツページを見受けます。標準的なコンテンツを超える分、学校や先生の熱意と工夫を感じます。これから目にとまるコンテンツをいくつかご紹介しましょう。
 これは類を見ない、中根小の「えほん」のページ(下線クリックで表示)。制作、監修すべて校内。文:副校長の飯田先生、え:少人数指導員の桑名先生、監修:長谷川校長にて、26年度からこれまで7編アップ。これらの作品は全体集会を含め、読み聞かせで活用されておりBGMも流れるとか。なお桑名先生は27年度、奥野小に異動にて7編中の4編を担当、他の挿絵は飯田先生ご自身が一太郎のイラストをもとに加工した。この絵本制作は本務を全うした上でのこと。容易なタスクとは思えません。それだけ先生方の思いが込められているようで、ついサポート先の学校で軽くインタビューを試みてみました。 次の3作品の挿絵は桑名先生の担当、ピンク字は先生に頂いたコメント。
 151021nakanenokamisama7「なかねしょうのかみさま」 左の作品はこちらから PDF A4 31p
 挿絵やイラストはほとんど描いたことが無かったので,描き始めるまでにとても悩みました。飯田副校長先生の書いたお話を読んで頭の中に想像した場面を,とにかく分かりやすく描こうと思いました。このお話は,主人公の心が動く場面が多いので,それを手と表情の描き方で表したいと思いながら描いていきました。
 この作品はAETのマーク・ブラウン先生英訳版

151021arigatounohana7 「ありがとうの花」  右の作品はこちらから  PDF A4 21p
 飯田副校長先生が全校集会で読み聞かせをなさるということで,挿絵をお手伝いしました。 当日は,絵をクリーンで上映しながら,読み聞かせを行いました。子どもたちがたくさん登場するお話なので,いつも一緒に過ごしている中根小の子どもたちを思い浮かべながらひとりひとり描きました。
151021nakanepitoar25i 「なかねっぴーとアリ」 左の作品はこちらから PDF A4 21p
なかねっぴーが主人公のお話だったので,その色々な表情を描くのが難しく,そして面白かったです。最後のページの絵では,密かになかねっぴー2号が登場しています。自分でもお気に入りのページになりました。
---------------
 どの絵も描いているときは,このお話をこれから読む子どもの表情を想像しながら描きました。なので,絵本が完成して実際に子どもが読んでいるところを見たときは感無量でした。
 桑名先生情報を要約すると、ものづくりが大好きでA短大にすすみ木材工芸を学ぶ。卒業後は牛久市の小学校で少人数指導員として働き、授業研修や授業支援を通じて子どもと過ごす日々の中で、子どもの美術教育に興味がわき、M大学通信課程に入学して美術の教員免許を取得図工専科の教員になることを目指している。もの作り大好きと子ども好きとが相俟って資格取得にまで努力する。こうした先生を時々見かけます。応援します。<2015.10.21記>

« あのとき 1 | トップページ | 市内学校HP探訪2:奥野小 »

学校ホームページ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あのとき 1 | トップページ | 市内学校HP探訪2:奥野小 »