« 奥野に新風:奥野小・二中の取り組み1-B | トップページ | 奥野に新風:奥野小・二中の取り組み3 »

2016年1月26日 (火)

奥野に新風:奥野小・二中の取り組み2

Photo_2 資料目立つのは外国語(英語)への取り組み。「おぉ!こんなに」というのは市教委児童クラブ課の運営する4項目。まず放課後児童クラブ。平成7年度にはじまり小学校全校に設置。就学児童の希望者は、放課後、校内の別の教室に移り、それぞれの時間をおくる。毎日(通学日)で指導員がつく。通常は18時迄だが延長は19時。お迎え必要。それでも子育て世代の支援になっているだろう。(聞くところによると、牛久市は園児、保育児の待機者はゼロとか。優れている。但しご確認の要。)
 二つ目は、放課後カッパ塾週二日(水・金曜)、16時から17時半までの90分(無料)、4~6学年の希望者に講師がサポートする。奥野小では図書室を使用し、宿題やその他の学習。家庭学習の習慣を身につけるのが狙い。17時半後は児童クラブに行く児童もいる。お迎え必要。中学は16時から18時迄、教科の強化にあたっている。
 三つ目は、土曜カッパ塾放課後カッパ塾同様、平成26年度現教育長のもとで始まった。小学校単位に地元ボランティアの協力を得てスタート。教科の他、一般教養を育む。1~6学年の希望者(無料)。26年度:ひたち野うしく小(英語、音楽、料理)と奥野小(国語と英語)の二校。27年度:牛久小(絵画、理科)、二小(琴、着付け、かるた)、中根小(英語、絵手紙、理科)の3校もスタート。なすことを決めたり地元人脈との繋がりに、校長先生の役割は大きい。開催の土曜は校長先生、教頭先生や教務主任もよく顔を出している。児童クラブ課は開催土曜日の運営ほか一切を取り仕切る。既に5校開催となった今、児童課職員の配置のやりくりに大変そう。受付など、できそうなことは、地元で引受ける方向にと思うが、ボランティアの公募も期待する。
 四つ目は、日曜カッパ塾。奥野小独自の催し。26年度の異動で校長が着任し、懇話会の立ち上げ。出席者(主として地区社協の方々)で協議し企画となり、地区有志の主催で27年6月、折り紙教室からはじまった。27年度の計画はこちらを参照。次回は2月7日のスポーツ教室
 二中で初めて知ったこと。それは放課後学習会週3回16時から18時までの2時間、二中教師が学力向上の指導にあたっていると。しかも、これは以前からという。いわゆる補講だろうが、どういう処遇か?聞きそびれた。先ずは熱意に感謝するところ。
また、英語力強化の一環として、28年度に福島県にあるパスポートのいらない英国と言われるブリティッシュ・ヒルズへの宿泊学習を目論んでいるようだ。実現にはスポンサーである保護者の全面的な理解と協力はもとより、市教委の許可も必要だろう。進むだろうか? この記事つづく <文責 管理人>

« 奥野に新風:奥野小・二中の取り組み1-B | トップページ | 奥野に新風:奥野小・二中の取り組み3 »

おくのキャンパス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 奥野に新風:奥野小・二中の取り組み1-B | トップページ | 奥野に新風:奥野小・二中の取り組み3 »