« 奥野小・二中の取り組みがリーフレットに | トップページ | 奥野小土曜カッパ塾の今(2月20日) »

2016年2月 5日 (金)

えっ!牛久・・学校選べる?!

 4月から市内の児童生徒は、奥野小・二中へ通学できます新入児童生徒保護者説明会がはじまり、教育総務課発行の奥野地区における取り組みについて(お知らせ)なる資料が配布された。茨城新聞1月21日の県南版には「奥野小と牛久二中は28年度『特認校制度』を試行とあり、通学区域に関係なく市内どこからでも通学を認めるとある
 牛久市は東部と西部。西部はJR駅と6号国道のある分、宅地開発地は多く、学校の生徒数や学級数は、減少をみても維持できている。ひたち野地区に至っては目下急増中で校舎をさらに増築中。一方、東部:奥野地区の宅地開発は1ヵ所。少子化の波をまともに受け、今や小中学校全学年が単学級になった。そこで教育委員会は、この奥野地区の学校の存続をはかる検討に入ったとみる。平成26年度から断片的におきていた新たなできごとに、意図的な動きを感じてはいたから・・。 今年に入り、教育の実態を知ろうと数人で二中、奥野小を訪問し多くの情報を得た。本記事「・・取り組み1」の資料はそのまとめ。取り組み内容は魅力的だったとても公立学校とは思えない奥野小と二中は、特長づくりを積み重ねてもいた。昨年11月文科省事業に選ばれてから、具体策は一気に魅力的に進む。Okuno_gakuen7125_2右表イメージ図は、その両校の26年度からこれまでに取り組んできた内容の一覧(ここをクリックで表示)
 保護者説明会で奥野小や二中に行けるようになりますよとの案内を受けても、既に、新入学や中学進学の準備をそれぞれの校区で進めておられる保護者にとっては思いがけない話。検討する間もない。入学進学先をかえますと希望する保護者は多くはおられまい。学校独自の用品の購入を済ませてしまえばなおのこと。遅すぎるお知らせだがこれは重要奥野小・牛久二中の取り組みを見逃しては、のちのち・・・。お知らせを含む説明会は今週がピーク。2月9日(火曜)9時から:奥野小、2月12日(金曜)13時~:牛久二中の学校説明会で保護者向け広報は締めくくる。市内の保護者はどちらの学校説明会にも参加できる。但し教育総務課ないし学校へご連絡を。
 この地区の住民として歓迎すべき取り組みと学校の努力を知れば知るほど、広報の一翼を勝手に進めたくなった。我が子の将来に想いをはせる保護者の気持ちは、我が子も同じで人ごとではない。少なくとも今、奥野小・牛久二中で、何がなされているかを知ることは、是非にもとおすすめする。ともかく教育総務課に問い合せて、メリット・デメリットを受けとめては、どうだろう? 新小学1年生や新中学1年生に限らず他の学年も可能か?問い合せし、相談してみないことには、はじまらない。<文責 奥野小サポーター>

« 奥野小・二中の取り組みがリーフレットに | トップページ | 奥野小土曜カッパ塾の今(2月20日) »

牛久市」カテゴリの記事

コメント

今日の授業参観前の体育館での、イングリッシュタイムの全校集会にたいへん感銘をうけました。

英語しか話してはいけない大学の学部の存在や韓国など他国の英語教育のすごさを聞いたりしたこともありましたが、奥野小ではカタコト、ほんの少し程度かと思ってましたが、ビックリしました。

わずか200人近くの全校生徒に公立学校なのに2中と兼務ながらネイティブの先生が2人常時滞在し、すでに以前の記事にも記載されています各学年毎週の時間割のとおりのイングリッシュタイムをへての1年間の英語教育の成果をみせてもらいました、約30分の英語のみでの集会。

英語で数字を読み上げると同時に体操したり、学年別に国をあてがい出身国をのべたり、道案内をしたり、全校でじゃんけん大会をしたり、日本語なしの英語だけでの集会が奥野小学校でおこなわれたことにびっくりしつつ大変うれしくなりました。

低学年の児童も耳がよく柔軟な学ぶ姿勢から5年生6年生にも負けてなくたのしんでいたのはまさに1年間の取り組みの成果でしょう。
むしろ5年生6年生は恥ずかしがりもはじまり声もでなくなったり素直でなくなるかなと危惧されましたがそこは奥野っ子ではつらつとしてました。

大前提、読書や国語、論理的に考える校風も並行して築かなければなりません。

高学年生はさらなる高みをめざし、日頃校長先生や担任の先生がしておられる全校生徒の詩の朗読暗唱コンテストの英語版で、是非英単語の習得を1000語超きそいながらしていただくとネイティブの先生が2人もいていただけるのですから自らの気持ちや考えを自らの英単語英会話で表現できるようになるのではないでしょうか。

高学年生はさらなる高みをめざし、スカパーのディズニーチャンネルのようなアニメの二ヶ国語放送をイングリッシュタイムや新設された開放中のイングリッシュルームで放映しっぱなしてもいいのではないでしょうか。

英語にしたしみ英会話にふれあう、すてきなこころみをこの一年してきた、そして今後続ける、2人のネイティブの先生お二人に敬意を表しつつ期待しております。

だけど、偏差値や入試や部活を気にしてばかりしてしまう私は、奥野小・牛久2中への他校からの転入はいいのに、奥野小・牛久2中から他校への転出を認めないのは、日本国憲法に反しないか気にもなります。
しかし個人情報や肖像権もあるのでDVDなどで奥野小や2中で授業の様子を視聴できるようにすれば転出どころか転入希望はまちがいありませんね。あとはスクールバスの確保のみです、ガラガラで市内運行させても片道1時間以内なら県内私立高校のスクールバスと同じですからできるのではないでしょうか。奥野小や2中がつくばのインターナショナルスクールのような雰囲気になる日を期待してしまいます。子供たちは純粋に親しみたのしみ身につければ英会話の飛躍はきっとおどろくほどかと思います。英語しか話してはいけない体育の授業や給食の時間の実現もすぐやってくるでしょう。

いずれにせよ、奥野小・牛久2中のイングリッシュタイムはちょっとした高校や大学の英語のみの授業のようで、たいへんな発展を期待させる、取り組み・事業と感じました。これも文部科学省の特任指定校だからともいえますね。
来年度のさらなる飛躍がたのしみですね、校長先生!!
ーーーーーーーーーーーーー
保護者 さま
 コメント有難うございます。ALT二名体制になったのは文科省に選ばれた11月からなんですよ。ずっと前から1名の授業は見ていますが、彼と彼女のネイティブ2名体制での来校で劇的に内容は濃くなりました。授業内容や進め方は彼ら主導です。
 校長先生の熱意とこれを後押しする責任者のおかげですね。イングリッシュルームは、1月14日オープンですが人気です。何度も見ていますが低学年ほどなじんでいます。高学年や中学生になると、友達の様子を覗うようになってきます。今の低学年が高学年になるころは凄いことになっているでしょうね。基礎学力も重要。読書量は増えてもらいたいですが、これはご家庭の協力も不可欠。また保護者も数多く見学してもらいたいものです。
 今日の土曜カッパ塾に来校・見学されたご夫婦も強い関心をお持ちでした。通学バスは当然ですよ。できるだけ働きかけます。DVDによる広報、ほかにもいろいろあります。先生の負担増になったり、サポートすることで妨げになってはいけないので慎重に、でも確かなテンポで発信します。これからもご意見・アイディアの提供、直接の手助けをお願いします。<文責 学校評議員>

 土曜日にお世話になりました夫婦です。
 お2人ともお休みの日にもかかわらずご対応いただきありがとうございました。
 子どもたちもとても楽しかったと満足気でした。
 また、日曜日のかっぱ塾も行ってみたいと言っていますので、見学させていただこうと思います。よろしくお願い致します。
ーーーーーーーーーーー
ご夫婦 さま
 早速のコメント有難うござます。土曜カッパ塾は昨年からでまだ2年目なんです。英語と書取り(漢検取得目標)で、1年生は学校生活に慣れてからです。講師は元ではありますが、教諭だった方。いかようにも対応できる素晴らしい方々。まだ「塾」としての確固たるルールが保護者の皆さんに不徹底なところがあって、あら!という場面もありますが着実に進歩させますよ。土曜カッパ塾も日曜カッパ塾も、少しの時間でも、のぞくように心がけています。今日はスポーツです。9時半から準備に入るので行ってみます。お見えになるんですね。友達づくりになれればいいですね。そうでした。あのヤンチャくんも来るのかな?あまりお相手はできない年齢ですが、好きなヤツですな。奥野の子どもは、わたしにとって、孫に準ずる孫なんですよ<文責 学校評議員>

土・日かっぱ塾では大変お世話になりました。
昨日は英語・国語とも指導してくださる方々は素晴らしい方達ばかりで、熱意を感じました。
内容も私達が考えていたものよりも濃く、子ども達がとても満足そうでした。この学習を6年間続けるとかなりの力になるのではないでしょうか。
それに、子どもが少し仲良くなれた子がいると嬉しそうでした。

本日のスポーツも教えてくださる方々が明るく安心して任せられる雰囲気で、子どもがとても楽しかったので、次も参加したいと話していました。

両日とも感じたことは、奥野の皆様が大人も子供もとてもフレンドリーなことです。子どもだけではなく、親も仲間に入れていただけたら嬉しいなと感じました。
本当にありがとうございました。
---------------
嬉しいご感想有難うございます。
お会いする前に奥野ライナーズのコーチとも言葉を交わしたそうで、奥野に係る大人のありままを知って頂いて幸いでした。
あのスポーツは、わたしも初見。お兄ちゃんもチームに加わって楽しんだのですね。またファミレィの賑やかなこと。明日の日本に希望が持てます。ご納得さればまたお会いしましょう。通学の送迎の懸念は、関係者に必ずお伝えします。後が迫り挨拶なしの途中退席、ごめんなさい<奥野小 学校評議員>

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 奥野小・二中の取り組みがリーフレットに | トップページ | 奥野小土曜カッパ塾の今(2月20日) »