« 奥野小に大きな変化への布石を残し | トップページ | 第52回奥野小学校入学式 »

2016年4月 6日 (水)

奥野小の春の恒例行事

 先月31日離任式、惜しまれ感謝され、送られた5名。
鈴木校長には、なんと10年前着任の際の受持った6学年男女6人の顔。みんなに、逞しい成長を見る。
なんとも羨む師弟の景色。先生って最高の職業ですね。

 6日新任式、始業式。6名を迎えた。これらに、さくらはつきもの。Dscf1759
進級した児童にとって、ワクワクなのは、担任の先生は?発表の途端、歓声が。
クラスの多い学校は、お友達の顔ぶれも気になるだろう。
 明日:7日は入学式。ピカピカの1年生。親子の晴れ姿。2~6学年在校生に迎えられる入学おめでとうの笑顔、またえがおか。
 新入児童に、親に、幸せいっぱいのこの日。
家庭にとって、初めての入学ともなればなおのこと。
最近は揃って保護者席に並ぶことも多いと聞く。これも良い。
4番目の孫一家も同様らしい。

 新年度は1日に委員会からサポーター継続の要請があった。
担当窓口も交代とある。そこで、いつものように引継ぎ用参考資料を送っておいた。
”できることをできるだけ”の、こころで臨むボランティア。
引受ける内容と基本ルールだけは意識を合わせておく。
行動理念の”現場重視熱意には熱意で応える姿勢”も同様に。

 5日午後、思いがけなく新任の校長先生、教務主任が教頭先生の案内で来宅された。ご丁寧なことに感謝。
あら!旧知の方々ではないか。前:鈴木校長、二中:櫻井校長と委員会の布いた路線、これから発展・充実期になるだけに注目していた。奥野地域は、学校の特色づくりにはじまり、CS:コミュニティスクールの実現に向けて動く。
地区住民としてオジャマにならない程度に力になりたい。

ここで協力者のお誘い。あなたのご意見をここに出稿しませんか。
遠慮なく、こちらのメールでお聞かせ下さい。<学校評議員S.H>

« 奥野小に大きな変化への布石を残し | トップページ | 第52回奥野小学校入学式 »

学校サポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 奥野小に大きな変化への布石を残し | トップページ | 第52回奥野小学校入学式 »