« 一年生の土曜カッパ塾:二回目の状況 | トップページ | 教育民政常任委員会6/14傍聴記 »

2016年6月12日 (日)

隣地、畑で男爵イモの収穫

 昨日:6月11日土曜日は嬉しいことが二つもありました。一つは一年生の成長。二つ目は、あの荒れた森から物好き五家による畑への変化、そしてついに大きな収穫をえたこと。4月2日に植えたつけ男爵です。家内がインターネットで調べていて、梅雨は要注意と知り、試しぼりしたところ、なんとゴロゴロ現る。とりあえず10株分掘り起こしましたが、三ヶ月でこんなにも成長するものかと驚き、仲間に分配しました。正真正銘の無農薬新ジャガです。ただ、ここしばらくはイモづけになりますな~。好きだからいいのですが、今日もコロッケ明日もコロッケか?(古!) 
写真は本日の仲間の収穫20160612a_2
 この2週間あまり未発信でした。ここから言い訳。実は学校サポート作業の他に、この隣地の整備に多大の労力を費やして草臥れはてておりました。受け持つ畑はきれいになるものの、その周辺の整備も必要。隣地の生まれ変わりで一番有り難いのは我が家ですから当然、気が付いたことはやる。まず残された木の根株の除去と堆肥ないし腐葉土の作成場所づくり。2016060708360000a_2
一週間がかりで掘り起こした木の株は12個。まだ大きめの木の根株は10個ほど残っています。まずはこの根の処分をどうしたものか?明日の燃えるゴミ出しに数個だしてみます。役所にも相談していますが、出来るだけルールの範囲内で自分たちで始末する。他にこれに先立ち小枝や草や根や蔓等、45リットル20袋ほども前週だして無事運び去っていたので、処分OKでしょう。今週~来週にかけ少しずつ処分してみます。

« 一年生の土曜カッパ塾:二回目の状況 | トップページ | 教育民政常任委員会6/14傍聴記 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 一年生の土曜カッパ塾:二回目の状況 | トップページ | 教育民政常任委員会6/14傍聴記 »