« うしくの学校 9:夏季休業中 | トップページ | うしくの学校11:教育長再任へ »

2016年8月23日 (火)

うしくの学校10:情報機器寄贈

   註アンダーラインのついた文字列は外部サイトを表示します。
 夏季休業直前の7月16日に大型55インチTV1台。8月3日にタブレットPC45台、奥野小に搬入・組立てられた。4日には教育ソフトの説明会も。これらは牛久の学校教育を応援したい学校法人つくば開成学園から寄贈されたもの。 55インチTV イングリッシュ・ルーム(英語のみ話すルールの教室)に常設。
奥野小と牛久二中は小規模特認校であり、国際理解教育の一環としてオーストラリアのOAG校スカイプによる学習をはじめている。奥野小のこれまでのスカイプ環境は、一般教室はパソコンプロジェクター移動式スクリーン、イングリッシュ・ルームはパソコン46インチTVだった。その46TVが55インチTVに置換わった。55tv55TVの映像は格段に大きく鮮明で、早速、2週続けてスカイプしたが、大きさの違いからくるOAG校 生徒の印象は身近になった。双方ともに辿々しさはあるものの自然な生活のなかのコミュニケーション。まるで外国人が教室にやってきたかのよう。現在は申し合わせで決まった時間の利用だがいつでもふれ合える環境は前進した。グッドなタイミングのプレゼント。ありがたく感謝している。
 タブレットPC は、奥野小に15台、ICTを一段と進めたいひたち野うしく小に30台と分け合った。奥野小の15台はイングリッシュ・ルームに5台常設しキンダー・イングリッシュの個別のコンテンツをいつでも利用できるようにした。他は一般教室での授業に利用する。夏休み明けが待ち遠しい。子供たちの歓声が聞こえるようだ。

 一般教室には、ひと昔も前の総合的な学習への取り組み当初の工事でパソコン室サーバーの末端としてのLAN接続口がある。この接続口と新規に量販店で購入した無線ルータをLANで結び、このルーターにタブレットを接続。インターネット・サイトのコンテンツを一般教室でタブレット利用による学習の検証になる。こうした通信機器の整備は、この春に交代した市教委情報アドバイザー今泉先生のサポートを得ることで実現している。
 教頭先生はこれを受け、サイトのコンテンツ利用の実用テストをイングリッシュ・ルーム(一般の空き教室を専用に)にて実施。タブレットのストレス・レス動作接続台数キンダー・イングリッシュで実験したところ9台までは問題なく動作したとある。今後、キンダー・イングリッシュ以外の通信負荷の高い動画NHKデジタル教材等)での台数とか、無線ルータの性能、タブレット活用を容易にするに必要な無線ルータの台数を検討することになろう。タブレット活用学習の効果と費用を市教委がどうみるか。
 中学校は既にタブレットPCに代っているから、その活用をさらなる推進となるか?但し無線ルーターの追加は不可欠だが。
予定より長めに使用している小学校パソコン室のパソコンのリプレースにもヒントを与えることになる。奥野小およびひたち野うしく小の試用成果が待たれることに。<奥野小・学校評議員SH>

« うしくの学校 9:夏季休業中 | トップページ | うしくの学校11:教育長再任へ »

うしくの学校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« うしくの学校 9:夏季休業中 | トップページ | うしくの学校11:教育長再任へ »