« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月28日 (水)

うしくの学校15:新教育委員会

 教育委員会制度は改定されている。昨年度(平成27年度4月)の施行(経過処置あり)。牛久市は今月:9月末、任期満了の教育長および教育委員の人事から新制度の適用となる。この人事案件は既に28年度第三回市議会(9月2日開会)の冒頭、執行部提案通り、全議員同意で決している。従って牛久市の新教育委員会施行は実質10月1日から。
 さて、教育委員会制度が改定された?といっても、何が?というのが大半だろう。改定の切っ掛けは2011年の大津のいじめ自殺問題。教育委員会の対応が迅速でないことも一因と世論は沸騰した。教育委員会は何をしているかと。ともあれ今回、改定の経緯等を調べてみた。サイトにいくつかの資料があるので紹介しよう。
70_2図はイラスト入りの内容だが一枚に掴めた資料にてお薦め。山梨県甲府市の作成(左図クリックで拡大。PDF版はこちら。大阪府堺市は、2012年(24年度)から、市長と教育委員との意見交換会を公開し2枚に取り纏めている。NHKアーカイブスの2012年6月の時事公論は解説委員のもの。2015年5月のYOMIURI ONLINEの署名入り記事、どちらも見やすく読みやすい。NHKの時事公論とYOMIURI ONLINE。いずれか一方でも一読されるがよい。教育委員会制度の変化につき、全自治体が独自にその内容を発信するのは難しかろう。牛久市のも見当たない。されば、学校サポーターの視点で、その概要を甲府市資料をもとに示してみる。あとは皆さまにお任せ。
 【何がどう変わったか?】
1)新「教育長」の設置・・・これまでの教育委員会には、非常勤の教育委員長常勤の教育長という責任者二元体制。これを新教育長(任期:3年に1年短縮)に一本化した。教育委員はこれまで通りの任期4年。教育長は首長が議会に推薦し同意を得る。実質はこれまで通り、首長の任命責任は明確になった
2)教育長へのチェック機能強化と会議の透明化・・・新教育長による教育委員への情報提供や会議の迅速な招集は当然だが、独断で執行することのないようにチェック機能が強化された。教育長に委任された事務やその執行状況の報告や会議録の公表は義務化してある。これまでも報告・会議録はある。今後問題に迅速に対処できることは利点となろう。
3)「総合教育会議」の設置・・・これは全ての地方公共団体に設置を義務づけている。教育は首長から独立せよいうのはGHQの指示によるもの(この制度、世界的には米国と日本だけ)。国の方針に従うことでの失敗を踏まえて受け入れ継続してきた制度。一方、委員会の予算はこれまでも今後も首長(議会)のもとにある。この総合教育会議は、首長が招集し首長と教育委員会とで構成し原則公開
協議事項は、①教育行政の大綱の策定、②教育の条件整備等重点的に講ずべき施策、③児童・生徒等の生命・身体の保護等緊急の場合に講ずべき措置、とあり首長の教育への役割・責任が、より明確になった。
4)「教育大綱」の首長による策定・・・教育の目標や施策の根本的な方針はあって当然だが存在しないことも。これからは首長が教育委員会と協議し調整を尽くして策定することになった。今後、この大綱の下に、それぞれの所管する事務を執行することになる。 (参考:「教育大綱」で検索するとヒットします。牛久市は作成に着手したところです)

以上。一般的に解釈すれば、教育は、首長の責任において行われることになる。執行は教育委員会。その中心は新教育長。教育施策についてはこれまで同様に教育委員の総意(多数決)で。期待できるのは、教育に関し広がりがでたとき、首長の指揮下の組織も緊密な連携のもと取り組めることか

2016年9月25日 (日)

28年第3回牛久市議会定例会2

 前記事で、二つの常任委員会を紹介した。今回は定例会の最終日、採決の様子の傍聴記28
その前に今一度、議員さんの分担を左に示す。議員活動は、年4回の定例会と臨時議会、分担する委員会にその調査等もある。地区のイベントでもよく出合う。結構多忙?
23日は議案11本、認定1本、決議案2本、意見書案1本、請願2本だった。市川議長、リズムよく捌いていくが、それでも10時開始し15分の休憩を挟み、終了まで2時間半。では、その流れ。常任委員会委員長が付託された議案等の審議・議決の内容を報告する。秋山総務常任委員長、黒木教育民政常任委員長、板倉産業建設委員長の順。板倉委員長は、引き続き、定例会決算特別委員会の報告も。それぞれ委員会での審議内容を報告し11時10分休憩に。やや冗長の感はあるが、大事な議案審議の報告だから分担以外の審議内容は議員にとって必要だろう。11時25分再開。ここからは議案に関しての審議に入ると宣言。議長は、賛成意見と反対意見とを交互に求め、指名された議員は登壇し意見を述べる。発言者は「○○案に賛成の立場から」とか「反対の立場から」と立ち位置は明解。因みに登壇した議員は順に、遠藤、石原、鈴木、黒木、山本、長田、守屋、須藤、甲斐、鈴木(2回目)、尾野、利根川の延べ12議員(敬称略)。それぞれ簡潔・明解だった。21議員中の11議員。最終ステップは採決。勿論、一案ずつ。賛成全員は12案,賛成多数は5案。請願に対しては全員が採択に。最後は議案でも請願でもない「閉会中の事務調査の件」を全員賛成にて全て終了。そして解散。時に12時34分。
 今回は最後まで傍聴し興味を覚えた。登壇し意見を述べた議員および委員長として報告した議員とで12議員の発言を聞いたことになる。半数以上だから都議会なんかより、すこぶる活発なんでは?と身贔屓したくなる。 気になったのは議案58号「土地取得について」(継続審査)。聞いていると6月定例会で継続審議となっていたものの産業建設常任委員会は、閉会中一回も開かなかったという。なんか意味深なことだが、これは不信の芽を招く。ところが今回は、議会閉会直後に10月12日に開く、と通知があった。注視観察することに。
 傍聴は、暇つぶしをしているわけではない。我が居住の奥野の学校、特認校の指定をうけただけに通学送迎請願の行くへに注目していた。全員賛成に力を得る。このところ嬉しいのは流石は議員さん、学び合い授業への関心を強めていてくれること。一般質問初日:6日の石原議員の2項目の質問:「教育振興基本計画の策定」に前向きの答弁をみる。12月議会で予算化されればほんもの。議員さんには古くから知る方もいる。数回の傍聴で、数人と言葉を交わすことになった。ようやく身近な存在と感じてきた(*^-^)

2016年9月24日 (土)

28年第3回牛久市議会定例会1

 今・定例市議会は本会議初日:2日、最終日:23日、一般質問初日の6日、教育民政常任委員会:16日、産業建設常任委員会:20日を傍聴した。前者は過去数回、後者は初めて。決算特別委員会と総務常任委員会は未だなし。では、教育民政・産業建設常任委員会の傍聴記から。
 毎回、傍聴人は少ない。目立つのは他の委員会委員の議員。傍聴も回を重ねると、議事の運びが見えて来る。傍聴人には、委員や執行部手持ちの資料はないから(傍聴人受付に分厚い資料一式あり)聞き取り難い点はある。委員長の進行で、議案説明~質問~答弁(~再質問~再答弁)の流れ。このやり取りを聞いているだけで十分執行部の取り組みは読み取れる。28_2
 教育民政常任委の執行部は、教育委員会・保健福祉部の部課長。産業建設常任委も関係部門の部課長。また双方とも市長、副市長も。委員は本会議より付託された議案の個々を質す。試行部の答弁は明解。答弁者は合図(名札を挙げ)し、指名を受け、よどみなく説明する。若干の間を持つこともあるがご愛嬌。委員の再質問は、細かく突っ込みがある。これにも粛々と答弁。各自の日常の業務把握か?準備がよい。
 質問する委員は、表(市サイト等から情報にて作成)のように常任委員会や特別委員会を分担している。複数分担もある。常任委員会、特別委員会ともに7名構成。委員長と副委員長(任期2年)と委員の5名。この5名が質問者になるが、質問する委員は限れられている。するどく再質問する委員もいる一方一部の議案のみ質問する委員もいる。傍聴していて、口数の少ない議員には、何故?と思う。まだ、傍聴は二つの常任委員会に過ぎないので、今後、他の委員会も観察してみよう。議案の審議が終わると一案ずつの採決へ。今回の両常任委員会は「○案に賛成の方?、全員と認め・・」の流れだった。審議を重ねた上での採決だから賛否は納得のいくこと。ここで執行部側は退席し会場は閑散となるが請願等に移る。継続審査:議案第58号「土地取得について」では思わぬ発言を聞く。全く理解できない。それ何?って感じ。今後注視する。
 20日の産業建設常任委は異例の22名の傍聴者だった。請願第4号「トラバサミワナの使用制限(禁止)ならびに回収に関する請願」の説明者と数名のお仲間。16日の教育民政委の請願は、請願第5号「小規模特認校に係わる通学区外からの児童生徒の送迎を求める請願」あり。こうした請願、議員は思っていたより親身に受け取り検討して頂ける。議員さんって、候補の時だけの低姿勢かと斜めに見ていたが、そうでもない。ただ、”市会議員”なる言葉の重みは子どもの頃にすり込まれた偉い人。近寄りがたき存在。議員の方々から”尊敬を受けつつも、庶民に近づいてくれる”と先入観のチェンジも可能だが、どうでしょう? 候補から議員に変身、即、床の間の置物にしかねない我々も、相談事など持ちかけてみるがよい。

2016年9月20日 (火)

特認校の運動会:奥野小学校

 10日は二中、17日は奥野小の運動会だった。この時期の土曜日開催は数年つづいている。あいにく9月に入り、台風と秋雨前線の影響で曇天つづきだが、不思議なことに、どちらも運動会日和になった。この両校、今年度は特認校試行年度にある。そのお陰か?奥野小運動会の来賓席は賑わった。開会式には教育委員会後藤委員長、山岡県議、尾野市議会副議長、いつも応援に駆けつける中根市議に石原市議。今年は長田市議も。その他温かい眼差しの保育園長に区長さん、農芸学院長に駐在さん等々。少し遅れてみえた市議は前日の教育民政常任委員会を仕切っていた黒木委員長。暫く話を交わす機会はなかったが古くから知る方。今回は委員長として特認校を深く知りたいと運動会の様子を見学(視察)に。学校をサポートするものにとって関心を寄せて貰えるのは嬉しい。牛久市の子どもたちの将来のために今後意見を交わしましょう、と櫻井二中校長の前であらためて名刺を交換した。
Image1_3 さて、特認校:奥野小の運動会。全学年単学級の189名(内7名校区外)程度だが、今年も紅白に分かれての力戦かつ接戦だった。標語に「できたという喜びをもとめ、もっとやるぞ!奥野っ子」とあり、校舎3階には横断幕。この標語、前年度から着実に前進している。学校長は交代しても、その方針には一貫性が伺える。Image2小規模校だからプログラムは見劣りするということはない。むしろ、子どもたちと先生方の知恵と工夫のあとが一つ一つにみられ、なんとも心地よい見物となった。午前の部15,午後の部6の21プログラム。単学年プログラムあり、複学年あり、シニアにPTAもある。演技も運営も、子どもと先生の総力戦。なかに目立ってサポートに当たる青年を見つけた。明らかな運動量の違い。若さ溢れている。よくよく見ると、なんと教育実習中の本校卒業生M君ではないか。実習生は男性一人、女性も一人、Yさん。養護のテントにも今一人の卒業生Nさん。その顔・・に憶えあり。パソコンの教え子達。成長し、成人すると男性も女性も見違えるほどの容姿に変貌する。
 最近、思うのは”先生って良い職業”ってこと。児童、生徒、学生をへて社会にでる。そして歳を重ね、それなりの地位に昇っても、お会いすれば、先生は、いつも先生。子どもにかえってお会いできる。彼・彼女の教育実習生も、きっとそうした存在になるのだろう。頑張れ!未来の大人達を育てるために。子どもは宝だよ!16091720_2


2016年9月16日 (金)

恵まれし者の死角

 ここ数年の不祥事あるあるは、決算を数期にわたり粉飾していた某電気。燃費不正を監督官庁まで偽り続けていた前科ありの某自動車。3.11震災の数年前に提起された津波対策を軽視した某電力。質は違うが某中央官庁による基金流用の豪華ホテル建設そして破綻もあった。まだいくつも浮かぶ。これらのは多く、一流の学歴とキャリアと地位(権力)にあるエリートが、禁断の奇策に踏み切切り、その過ちを上司は黙認&仲間に、部下は目・耳を塞ぐ。あとは一蓮托生。一旦良心を失うと罪の意識は遠のいて・・。

 元兵庫県議の政策活動費の不正請求、つづく涙の会見は見苦しく二度と見たくない。今は富山市議次々と。バレなければとばかりに、蜜を嘗め合うのは人の世の常だが、利得と無縁の多くの人々に密はない。そういえば政策活動費は生活費なんて揶揄されていた。我が牛久市には、そんな不祥事はありますまい。チョッと気になるのは以前の議決。議長をのぞくと21議員。11:10 が多かった。現在はどうだろう?議案の一つ一つを厳密に審議すればおかしなことだが、結局、人は群れる。考えの似たもの同志グループを組み、その意思(決定)で行動する。言い訳の余地は残る。民主主義に妥協も必要。でもね、いつも絶妙の11:10では、グループの利害優先?と疑われかねない
そういえば確か以前、百条委員会を設置したことがあった。為政者に不都合なれば議決せず?なんてこともありそう。まずは議会や常任委員会の傍聴を増やしてみよう。数回観察しておれば、個々の議員の動向は見てとれようというもの。早く議会にモニターくらい付けなされ。工事はいつ?

嘆かわしきは豊洲問題

 う~~ん・・ひと休みするか。安全・安心は絶対条件の豊洲市場に、驚きの新事実公開情報と大きく異なる盛り土問題858億もの費用をかけて謎の地下空間が出来上がっていた不思議。Photo
専門家会議や技術会議は何だった? 都役人の暴走にも見えるが、何か訳があろう。歴代の責任者には口を開いてもらいたいが、危険もあろう。そういえば早くから昼のワイド番組で、知事を支持していたO都議に、パネラーの一人が「あの地下空間のことは・・」とふったらMCはスルーした。今回は都共産党議員団視察(左の写真)の結果だから効果的に発表したってことか?内部告発なのか一部の都議はこの情報を把握していながらも、実地視察調査は遅れる。有力な政治勢力でなくては抹殺されるってこと?少数派は力なく無視?
議員の見識が知れるのは、この発表を聞いた推進派都議が「そんなこと聞いていない。けしからん」なる発言。「あなたは都議、行政をチェックするのが役目の一つです」と諭したくなった。あれっ!都自民党議員団の豊洲市場視察のニュースはまだ耳にしないが。

2016年9月13日 (火)

うしくの学校14:サマースクール

 サマースクールに東京大学の大学院生がやってきた。
夏休みの25日、中根小とひたち野うしく小のホームページ:トピックスに同様の記事がある。思いがけない来校者。そこで定期訪問(9月9日)の際、両校の校長先生にお話を伺い経緯を知る。転載の了承を得たのでここに紹介。T_5
 ひたち野うしく小は「高校生・大学生から学びました」と題し(左図、クリックで読みとり可)、 大学生と語ろう(クリックでPDF表示)もある中根小は題「キャリア教育」、記事「6年生を対象にしたキャリア教育が行われました。将来の夢に向けての勉強の仕方を学びました。みんな真剣に話を聞いていました」と簡潔な報告。加えて夏休み明けの9月5日アップの学校だより「のびのび9号」により細かくメッセージあった。校長先生編集・発信(こちらクリックでPDF表示)。保護者の目にとまったか。下は当日の交流:熱心に聞き入る児童。Photo_2 市教委は各中学校区ごとに、小中一貫9年間のよどみのない教育を目指す指導を進め、校長先生はフットワークよく緊密な連携をはじめた。この両校は下根中学校校区。何故、この企画は両校だけ?・・疑問を感じたが、それは昨年、学び合い学習で成果を上げている下根中を東京大学の大学院生が研究論文作成にあたり訪れたのがご縁。今年はその大学院生に要請し、ゼミの仲間に声をかけでもらって実現したのだという。機会をとらえ広げていく素早さは、今の市教委なればこそ。
 大学院生(東京大学)や高校生(龍ヶ崎一高)による学習指導は嬉しい。でも小学生にキャリア教育とは些か早かろうと思ったりもしたが、児童との交流にあるメッセージをみてあらためた。今、役立つかどうかではない。少なくとも保護者は知っていてよい情報。校長先生の許可を得て、中根小・学校だより9号のその部分を抽出し保存版 (クリックでPDF表示)作成。

 キャリアといえば中学では毎年、夏休みに、企業や団体の協力を得て職場体験(一週間?)を実施する。その報告、なかなか見当たらないが、昨年の牛久一中2学年だより Green Smaile は参考になる。12号(生徒の感想編)と10号(その準備編)。これらは同校ホームページの「学年だより」→「2学年」→「27年度(クリックで表示)からご覧頂けます。いずれも「文責:小林」とある。この視点での編集、きっと素敵な先生に違いない。

2016年9月10日 (土)

うしくの学校13:パソコン環境

 「うしくの学校12:ネット環境」からその下方記事を分割しました。 
Dscf1891 子どもたちのパソコン環境を紹介しておく。最新の環境はひたち野うしく小学校パソコン室。左は教師PCからみた子供用PC。Dscf1893_2
右は子ども一人専有の設備。当初から40台40人分揃う。次図は整然と並んだ児童PC。Dscf1889_2この並びは従来の小学校(4台テーブル/一組)とは違っている。

 「うしくの学校10」でふれたつくば開成学園さんからご寄贈戴いたタブレットPCは奥野小に15台、ひたち野うしく小に30台配置し、有効活用に向け準備に入った。
奥野小では、一般教室(LANの接続口は既設)新規購入の無線ルーターを持ち込みタブレットPCを繋いでみた。有効台数が分かってきた。左は教室持ち込み用に百均で購入したセット(ルータとケーブルとタブレット数台)。Photo_3
おくのさくらふれあい保育園のキンダー・イングリッシュ利用環境の整備も奥野小教頭が市の情報教育アドバイザーのサポートを得て着々と進めている。これらの成果は、遅れている小学校パソコンのリプレース検討時に役立つ情報となろう。
Photo_5右は二中からお借りしたディタッチャブルPC(13インチ)に、寄贈のタブレット(8インチ)を沿えてみた。画面サイズは重要な判断事項になる。<情報教育サポーターS.H>

2016年9月 9日 (金)

うしくの学校12:ネット環境

本記事は分割し「うしくの学校13:子ども達の環境」に移しました。2016.9.12
 今回は再考を促したいこと。もっとも検討中かも?
学校のパソコン環境は、2003年頃はつくば市についで先行していた。現在は近隣自治体に比し一部に見劣りがある。県南の他市町村から牛久市へ異動の先生方はお気づきのインターネット利用環境子どもたちの環境は平均的、しかし教師の環境に問題あり。ネット環境は校外(インターネット)と校内の設備からなる。職員室において、インターネットを利用できるパソコンが少ない。これは仕事に影響する
 先生方の多忙さは、早朝から下校時子どもたちを地区に見送る迄と、多忙なことはよく知られている。職員室着席は15時半~16時頃。そこから校務その他の業務に取りかかる。その作業でインターネットを利用したくても、生の使用できるパソコンは1~2台。混み合いがちで見送らざるを得ないこと度々。これは市の担当部署の管轄配置しているデスクトップPCのこと。他に学校の規模により台数に差のあるノートPCもあるが、多くは事務用や養護教諭用等、特定した使用で実質、共同使用のPCにはならない。
 先生各自に貸与されている校務用ノートPCはインターネットには繋がっていない。校長先生、教頭先生、教務主任は県や市教委からの通知や連絡、報告作業。一般の先生方にも専門教科や業務分担で他校の先生方とメールで連絡を取り合っていたりする。こうした校外関係者とのインターネットを介しての業務の増えている現状に、先生方の環境は対応していない。前教育長時代の昔、管轄する部署と二度話し合った。インターネットに繋ぐPCの制限はセキュリティ重視にあると。当たり前である。また市の他の部署も(学校と)同様の環境にあるからという理由で物別れ。あれから数年経過した今:2016年、市教委も担当部署も人事異動で一新。再考をお願いする機会の到来かと問題提起する次第。
 今ひとつ。2年前中学校のPCはリプレースされた。キーボードと画面とが分離できるタイプで無線通信機能内蔵のPC。当時としては未成熟な機器だけにチャレンジだった。それは体育館等PC室外に持ち出し利用されたりするが、本命の教室での利用は少ない?その要因は無線設備による。導入計画時の機器は性能不足で、実用に耐える機器に置き換えると予算オーバーとなり、結局、ポータブルな無線ルーター(左図)を数台、職員室に常備しそれを共同利用するという暫定措置になった。Photo_2
ところが台数が少ないため所在不明になることもあり、教室でのタブレットタイプ利用は期待ほど普及していない。”しっかりルーターを管理すれば”と言う声もあるが、それは管理の行き届く企業でのこと。本来は、無線中継器を廊下の壁に常備すべきだが、まずは共同利用ルーターの台数を増やすことか。
   
 子どもたちに良い教育をするのは先生。それだけに教育の現場を深く理解し、先の見える計画での機器の導入が望まれる。先生方の取り組み易いICT教育環境とはなんぞや
<情報教育サポーターS.H>

2016年9月 3日 (土)

28年9月市議会傍聴1

  昨年から議会や常任委員会をときおり傍聴している。議員、議会、行政の実際を知りたいが故である。Photo_2右図は本庁のエレベータ5階壁面の案内。これに沿って進むと担当者お一人の受付があり、そこで小片に記名しバッチを受け取る。タッチ式自動ドアを入り傍聴席へ。議長席を中央に左右に執行部席のある議場と相対し、高い位置から見下ろすことになる。
でも、残念なことに議員席は一切見えない。どうしたものか?とお尋ねすると、近く議場左右の壁面に大型モニター画面を設置する予定とのこと。当然だろう。
 議会も委員会も会議録がある。しかしこの出来上がりが甚だしく遅い。各戸配布のタブレット版市議会だよりは割合早い。今回の定例会は9月2日~23日の22日間。一般質問は、6~8日の3日間、12~20日は決算特別委員会3日間と総務常任・教育民政・産業建設の常任委員会が各1日予定されている。この委員会他で上程された議案を審議し、最終日の23日に採決の運びとなる。行政と議員とわたし達市民。選挙の時だけでなく、普段から関心をもつのも18歳選挙権となった今、必要なことのように思われる。

うしくの学校11:教育長再任へ

 平成28年第3回牛久市議会定例会初日の9月2日、人事案2件の提案があり、何れも22議員全員起立賛成にて原案通り承認された。現染谷教育長と石井教育委員のお二方。新任期は教育長:平成28年10月1日~31年9月30日の3年、教育委員:平成28年10月1日から32年9月30日の4年となる。染谷教育長は、任期途中に病没された前任者の後を受け、25年4月前市長の要請で就任。石井教育委員ともども9月30日に任期満了となる。
 昨年9月の市長選挙では新市長の誕生をみる。10月の新市長就任時に前副市長辞任。教育長は継続。そこで一部に辞任を?との声も匿名であったようだが、根本新市長は就任直後、第一に市内の小中学校を視察する等教育重視の姿勢を行動で示した方。選挙公約に”ひたち野うしく地区に中学校新設”とあったことから偏った見方をする市民のいるなか、あっさりこれを払拭。教育長の活動実態を現場を見て識ったうえで、教育行政を共にすすめるに足る人物と見込んでの再任提案だったのだろう。市長には二度面会したが、ブレのない市民ファースト目線とソフトな応対で、役所の雰囲気を一変させている。市会議員さんも身近になった。今年初から半年間で予算委員会の方々、議員有志の方々は、学校を度々視察、学び合いの実態や特認校への理解を深められた。立ち会った者として今回の人事案同意もあり、リスペクトしている。
 議会同意直後、染谷教育長から次の挨拶があった。新教育委員会(27年度施行)がスタートしたこと。5人の教育委員による会議を、より活性化していきたい。また市長との総合教育会議を通して根本市長の作る教育の大綱を十分に尊重しながら教育の方向性を明確にし、地域総がかりで教育の質の向上を目指したいそしてすべての子ども達に、居場所があり、学びが保障され、幸せになれるような環境を作っていきたい。今後とも議会の皆さまのご理解とご協力をお願いいたします、とあった。27年度施行の新教育委員会制度については後日別記事をもうける。

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »