« 28年第3回牛久市議会定例会1 | トップページ | うしくの学校15:新教育委員会 »

2016年9月25日 (日)

28年第3回牛久市議会定例会2

 前記事で、二つの常任委員会を紹介した。今回は定例会の最終日、採決の様子の傍聴記28
その前に今一度、議員さんの分担を左に示す。議員活動は、年4回の定例会と臨時議会、分担する委員会にその調査等もある。地区のイベントでもよく出合う。結構多忙?
23日は議案11本、認定1本、決議案2本、意見書案1本、請願2本だった。市川議長、リズムよく捌いていくが、それでも10時開始し15分の休憩を挟み、終了まで2時間半。では、その流れ。常任委員会委員長が付託された議案等の審議・議決の内容を報告する。秋山総務常任委員長、黒木教育民政常任委員長、板倉産業建設委員長の順。板倉委員長は、引き続き、定例会決算特別委員会の報告も。それぞれ委員会での審議内容を報告し11時10分休憩に。やや冗長の感はあるが、大事な議案審議の報告だから分担以外の審議内容は議員にとって必要だろう。11時25分再開。ここからは議案に関しての審議に入ると宣言。議長は、賛成意見と反対意見とを交互に求め、指名された議員は登壇し意見を述べる。発言者は「○○案に賛成の立場から」とか「反対の立場から」と立ち位置は明解。因みに登壇した議員は順に、遠藤、石原、鈴木、黒木、山本、長田、守屋、須藤、甲斐、鈴木(2回目)、尾野、利根川の延べ12議員(敬称略)。それぞれ簡潔・明解だった。21議員中の11議員。最終ステップは採決。勿論、一案ずつ。賛成全員は12案,賛成多数は5案。請願に対しては全員が採択に。最後は議案でも請願でもない「閉会中の事務調査の件」を全員賛成にて全て終了。そして解散。時に12時34分。
 今回は最後まで傍聴し興味を覚えた。登壇し意見を述べた議員および委員長として報告した議員とで12議員の発言を聞いたことになる。半数以上だから都議会なんかより、すこぶる活発なんでは?と身贔屓したくなる。 気になったのは議案58号「土地取得について」(継続審査)。聞いていると6月定例会で継続審議となっていたものの産業建設常任委員会は、閉会中一回も開かなかったという。なんか意味深なことだが、これは不信の芽を招く。ところが今回は、議会閉会直後に10月12日に開く、と通知があった。注視観察することに。
 傍聴は、暇つぶしをしているわけではない。我が居住の奥野の学校、特認校の指定をうけただけに通学送迎請願の行くへに注目していた。全員賛成に力を得る。このところ嬉しいのは流石は議員さん、学び合い授業への関心を強めていてくれること。一般質問初日:6日の石原議員の2項目の質問:「教育振興基本計画の策定」に前向きの答弁をみる。12月議会で予算化されればほんもの。議員さんには古くから知る方もいる。数回の傍聴で、数人と言葉を交わすことになった。ようやく身近な存在と感じてきた(*^-^)

« 28年第3回牛久市議会定例会1 | トップページ | うしくの学校15:新教育委員会 »

議会・議員活動拝見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 28年第3回牛久市議会定例会1 | トップページ | うしくの学校15:新教育委員会 »