« イングリッシュタイム紹介記事 | トップページ | ENGLISH Parent Day!:奥野小 »

2016年10月21日 (金)

二中:放課後カッパ塾の延長

 牛久市の学校は2学期制。10月7日がその境目。前期、後期又は1学期、2学期といったりするが・・。それはさておき、牛久二中では2学期(後期)から実施中の放課後カッパ塾を改定した。時間延長(2時間)木曜追加スケジュールはこちらから。
 1学期は月曜:15時30分~16時55分。火曜:部活終了後~16時55分。図書室にて自習。常時指導講師3名のマンツーマン指導。無料。この奥野地区は過疎化傾向にあり遠方からの通学となっている。また近辺に学習塾は存在しない。各学年は小学校以来の単学級で競争意識の稀薄しがちな中、前向きな努力を支援したいとの櫻井校長の熱望を市教委と市が受け入れ実現した。161012_2c
 さて2学期の二中放課後カッパ塾。学校での学習は16時55分(下校時刻)迄。希望する生徒には隣接する奥野生涯学習センター大研修室に移動。月曜は17時15分から17時50分(迎え18時)。火曜は17時15分から18時50分(迎え19時)の延長学習となった。指導講師3人はそのままのマンツーマン指導。月・火曜の他に英語の学力強化目的で毎週木曜を追加(火曜日課と同じ)された。これには奥野小の平日の英語および土曜カッパ塾で講師を勤める宮本さんも加わる。161012_5大研修室での長机や椅子のセッティング、学習後の片付けは生徒自身による。二中から奥野生涯センターに移動し17時15分迄に、コンビニに実費にて手配しておいたおにぎり/パン等の軽食をとる。生涯センターには時間外使用のための担当者を手配していただいた。161018_24現在二中生徒(1~3年生)の三分の一がこのにエントリーしていて学習には17~18人が集まる。これは部活及び各事情によるものだが、これからの時期は増える見込み。延長初日の10月13日(木曜)は想定外の経験をした。二中入口およびセンターの駐車道側に灯りがなく暗いこと。迎えの車と待つ生徒とが視認し難い。18日(火曜)はたまたま運動広場でサッカーの練習があり、その灯りでセンター駐車場付近は問題なかった。
161020右図は20日(木曜)18時10分のセンター玄関から東側の駐車場方面。真っ暗、一歩ずつ進むことになる。講師は前年から引き続く3人。成果をあげさせたい熱意で指導にあたるが、気になるのは学校の教師ではない分生徒指導にはあたれないこと。しかし延長学習のスタイル等は今後、回を重ねながら改善する。
 市教委では放課後対策課(旧児童クラブ課)がカッパ塾の運営に当たっている。26年度の土曜カッパ塾が初年度で、奥野小とひたち野うしく小から始まった。現在は全ての小学校で実施。その後放課後カッパ塾も始まる。ゼロからこの運営スタイルに導いてきた立役者は仲澤さん。彼には、たびたび各校でお会いする。27・28年度は、元小学校校長OBが加わった。小学校の児童クラブの運営を含め保幼小から中学に至る支援事業は共働き世帯が多くなっている今日、牛久市としても力を入れており、市長・議員の理解は深い。この充実してきた教育環境を見るとき、子どもたちには、学習目標を達成することで、この大人たちの努力が報われればと願っている。保護者の皆さん!大研修室での学習を覗いてみてはいかがでしょう。私語なく学習に集中する我が子を!
 

« イングリッシュタイム紹介記事 | トップページ | ENGLISH Parent Day!:奥野小 »

おくのキャンパス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イングリッシュタイム紹介記事 | トップページ | ENGLISH Parent Day!:奥野小 »