« 文字入力授業:余談 | トップページ | おくのキャンパス:続報 »

2016年12月 7日 (水)

一中混声合唱団 快挙!

 牛久一中混声合唱団、10月30日に行われた全日本合唱コンクール中学校部門混声合唱の部において銀賞受賞。(大拍手!)Photo_5関東地区9県の代表である。Photo_3ネットで知ったがフェアな選考。Photo_4昨年のN コン(NHK全国学校音楽コンクール)全国大会も銀賞を受賞。これはEテレで11校すべてを見た。そのとき、出場校の学校紹介も流れ、一中メンバーは他の部活もやっている有志であることを知る。”そうか、そうだったのか、ガンバルなぁ~”と感激して、昨年10月12日の本記事に採り上げた。昔々の高校生の頃、科学部だった。当時母校で、全国的だったのは合唱とハンドボール。指導者は元全日本代表とか音大卒とかの噂だった。毎早朝の発声練習冒頭のメロディは、未だに耳にある。それゆえか合唱を聴くのは好き。会場に足を運ぶほどではなかったが、家内が市民のコーラスに加わってからは、秋の発表会(市民文化祭)には中央生涯学センターに赴く。その後、市の小中学校音楽会にもサポート校児童の出場には行くようになった。但し、時々。その理由。開催日を知らない。広報にあるのだろうが目にとまっていない。今年も残念なことにそうだった。学校には頻繁に行っている。だから、その情報をキャッチして当然だが、学校は保護者向けには案内していても市民向けにはない。
 最近は、市内全校のかっぱパメールをPCで受信し、知るようになった。今回の一中混声合唱団の全日本合唱コンクール出場前後の動きや当日朝の練習もそれで知る。11月11日の根本市長表敬訪問も知ったがその日のその時間、先行予約(サポート上先行予約優先にしている)があり残念だった。今年度の会場は四国、高松。この高松、ちょっとした縁あり。現在、高2の孫が中3の時バスケの関東代表になって全国大会に進出した。代表はトーナメント戦だから突然決まる。決まって予約にはしると既に高松の宿は満杯だった。結局、岡山に前泊し瀬戸大橋をJRでわたって応援した。あっさり1回戦敗退。一中は銀賞、大きな差。
 最近の「広報うしく」月初号は、ずいぶんおしゃれになった。表紙(顔)に引きつけられる。時季や話題を採り上げるレイアウト。二面からのコンテンツは、大きい情報から街の情報へと展開する。だから目が進む。自身、関心の薄いところはスルーしながら見る。うっかりキャッチしかねることもあるようだが・・。12月1日号の裏表紙は、全面一中混声合唱団情報。嬉しくなったので発行元市民活動課に引用の許可をもらった。ここに載せておけば我がメモリー、なくすことはない。もちろん牛久市役所HPの12月1日号にもある。但し裏表紙だから「まちの話題」PDFの5ページ目。お見逃しなく。写真はそこから拝借。チャンスを見つけて、そっと練習風景を訪ねなければ。<牛久市教育委員会 情報教育サポーター>

« 文字入力授業:余談 | トップページ | おくのキャンパス:続報 »

学校ホームページ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 文字入力授業:余談 | トップページ | おくのキャンパス:続報 »