« うしくの校内研修 | トップページ | スマホデビュー苦戦 »

2017年2月19日 (日)

「みんなの学校」鑑賞

 「みんなの学校」こと大阪の大空小学校を採り上げたドキュメンタリー映画。28年度牛久市教育の集い(29年2月16日午後)にて鑑賞した。この集い、1部は14時から篤志者・寄贈者への感謝状贈呈、教育論文優秀者の表彰者、優秀論文の発表とつづく。例年のことだが、この優秀論文の発表は聞き応えがある。さすが先生の発表。結構楽しみにしている。
A 頂いたチラシによれば、2部のこの映画は中央に「みんなの学校」とあり、上に「大空は明日へつづく」。下方に「不登校も特別支援学級もない 同じ教室で一緒に学ぶ ふつうの公立小学校の みんなの笑顔になる挑戦」とある。この作品は関西テレビ放送制作の1時間49分。文科省特別指定。教育の集い会場は、牛久市中央生涯学習センターで、一般席は一階席の後方だが満席になった。1部では空席だったから皆さんへの案内は3時からか? 映画鑑賞後、もっと多くの保護者に見て貰いたいと思うほどであった。
 というのは、Uraチラシの裏面のリード文にあることば。上から順に「すべての子供に場所がある学校をつくりたい」、「学校が変われば、地域が変わる。そして、社会がかわっていく。」とあるのだが、これらすべて、現在の牛久市教育委員会の目標にいつも登場していて、定着の方向に進んでいるからだ。地域が変わるの部分は、これからではあるが。本ブログの7月30日「うしくの学校:学校経営の柱」でふれ、添付した資料5ページのPDFは、各校を巡回していて市内の学校長はいつも念頭においておられるのが分かる。鑑賞の帰路、どなたかと”市内でもどこかで見たような学校”と交わした。確かに。遜色はない。
 この大空小学校関連記事はたくさんある。2006年開校当初から2015年の退職まで長期にわたり学校長を勤められた木村先生の愛に満ち信念のある指導が成果を挙げた源であるのは確かだが、続編ドキュメンタリーができるとすれば、目立たぬが教職員の日々の努力とその苦悩にもスポットをあてて貰いたい。
 ドキュメンタリー取材当時のこの学校は220名(通常学級数6・特別支援学級7 )、そのうち特別支援の対象児童は30名だとか。これは多い。長期の学校長勤務といい、大阪市教育委員会の方針なのだろう。特別支援児童を抱える親御さんにとっては、こうした受け入れ校はこころから探し求めていたところ。公教育だから当たり前だろうという意見もあろうが、現実はそう容易なことではない。安心で安全な学校は、学校ならどこも掲げている。支援を要する子どもは市内でも見かける。通常学級に組み入れいる先生方は何ら接し方は変わらない。教育委員会も教員を手当している。加配というらしい。子どもは愛情を持って接したとき、かならず通じ合うことは、経験しているから分かる。残念なのは、こうした先生の努力は、多くの保護者には見えていないこと。学校に長い時間つき添うことは無理だから、やむを得ないことであるだけに、そうした立場にあるサポーターとしては、この場で紹介していこうか。牛久の先生方はなかなかどうして、学びの共同体づくりのもと、子どもたちは誰一人として見捨てることはない。そして考える力をつける工夫の授業で接している、そうした日々であることをお伝えしておく。

« うしくの校内研修 | トップページ | スマホデビュー苦戦 »

うしくの学校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« うしくの校内研修 | トップページ | スマホデビュー苦戦 »