« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月30日 (木)

この一年を振り返る

 県や市幹部人事の異動を紙上にみる。明日は教職員も大量に載るだろう。年度末の恒例記事。Facilities_a22_215年前、子どもにスキルを伝えようと情報(パソコン)教育のスクール・アシスタントからはじめた学校ボランティア活動。翌年には先生を助けるべくホームページの作成に手をひろげた(これは一挙に市内各校に拡大)。そんなことで頻繁に各校職員室を訪れ教職員とも相知る関係にあるが、実は授業中の教室を覗くことは稀で、参観授業の他はなかった。
 その活動がこの一年、大きく変化多くの授業の現場を実地に観察してきた。切っ掛けは知り合いの市会議員からの要請。”実際の授業を見たい知りたい、その案内を”という。それも短時間で表面的な視察ではないという。A
初回に続く2度目(左図)は、10時半二中集合から給食を挟み、奥野小移動の16時までのたっぷり。議員の皆さんの関心は奥野地区の教育の特色づくりもあるが、それをかねて市内で数年前から導入実施されている”学びあい”授業の実際をつぶさにみて、理解を正すことにあったようだ。応対に当たった二中:櫻井校長と奥野小:青木校長は普段のありのままの授業を案内し、二中では授業者である先生の話を聞く機会も用意していた。これ以降、議会の一般質問や教育民政常任委員会の質疑、さらに親しく議員と話す機会を得ているが、牛久市の授業への理解はもとより、教育行政全般につき一層深く関心も寄せていただいている。
 このいわば議員の研究視察のこともあり、昨年5月教育長にお会いした際「授業を見学しても良いのか?」とお尋ねした。即答で「当然です。学校は開かれていますから」とつづけ、偶然その日、岡田小で公開授業をやっているから参加されてはどうか、となり、その場で宮田校長にアポされた。以降、教育長には年度方針、これまでの実績を掲載した専門誌(先生には当たり前らしい)、佐藤学先生の学びの共同体に関する小冊子を数冊紹介していただいた。読解するのと同時進行で実際の授業をみる。これをこの一年繰り返した。各校で毎月一回実施されている公開授業と校内研究会にも参加した。各校ともに年4回のスーパーバイザーと呼ばれる専門家を招聘している。現教育長が神谷小時代にご教授頂いたときく佐藤雅彰先生にもお会いした。

 ニュースとして教育行政の変化は知ってはいたが、文科省の強調するアクティブラーニング 【紹介サイト「Find!アクティブラーナー」】というのは、佐藤学先生のいう学びの共同体の一部ではないか、と思ったりもする牛久市はずいぶん時代を先取りしている。これからの授業の進め方においてである。ここ2・3年、各校を訪問した際に雰囲気の変化を感じてはいたが、それが学びの共同体でいう第一ステップ:教室での普段の授業スタイル(学びあい・支え合い子ども主役の授業、それをゆるやかに導く先生)の成果にあることだと知った。数人の先生には、この授業法へ取り組む切っ掛けと想いについても伺った。正直に言うと平成17年度に前教育長が導入したと知ったが、はじめの数年は一部の学校と先生が取り組んでいたにすぎない。むしろ批判的な方もおられた。すべての学校に落ち着きが見られ、聞けば成績も上がったという現状は、徹底した指導に踏み込んでからだといえよう。26・27年度はベテランの指導主事が予告なしに学校を訪問し指導することがあったそうだが、28年度は指導の徹底は校長会(大竹会長)に委ねられ進められている。まさに企業並みマネジメント。

 ”授業見学は、いつでもどうぞご覧を!”と言われても、先生の世界は独特で気後れする。先生は専門家であり、教室ではボスである。素人には近寄りがたい雰囲気がある。自由に観察できたとしても、そのことがどのように役立つのか?と考えると躊躇する。
Ayjimage コミュニティ・スクールというのがある。学びの共同体は、子ども、先生、地域住民三者の融合だから、いよいよ望ましい方向に進み始めた。この3月、おくのキャンパスの小中2校は指定。この学校運営協議会の委員17名のひとりになったが、授業観察や校内研究会参加の成果はその場で反映できるのかもしれない。コミュニティ・スクール、あらっぽく言えば、それは地域に学ぶ子どもたちを保護者に限らず地域みんなで見守り育てようというもの。明日を担う人材である。当然なこと。この制度は20年以上も前から法律としてあって山口県での実施率は90%と記事で見たことがある。茨城県はこのたびが4校目。今まで必要なかったのか?それはともかく、少子化の流れの中で、子ども一人ひとりの学びを保障し、その居場所の確立をという現教育長の堅い信念と推進への助力は、コミュニティの一員として、社会経験を積んだ我々年寄りの出番でもあるのだろう。新年度も率直に記事にしてゆく。

2017年3月21日 (火)

29年度第一回教育民生委員会

    本日3月21日教育民生常任委員会。予定より早く9時56分スタート。黒木委員長による臨時資料の配布や付託された議案の確認説明。
第8号から質疑へ。放課後対策課長から児童クラブ運営にて説明。妥当な内容と思える。石原委員質問。児童クラブの今後の見通し等質問。 利根川委員質問。 新年度から土曜の児童クラブは、中根小に集中利用すること。又アレルギー児童への配慮の質疑あり。かなり委員も答弁者もしっかりと配慮し準備している。
9号議案に入る。石原委員質問に放課後対策課長及び市長答弁を見る。再質問には教育長も答弁。
10号議案。高齢福祉課長説明。質疑なし。順調。
12号議案へ。教育総務課長の説明。資料があるようでページを指定しながらの説明。傍聴人には、一部、共通利用として受付机に準備されているが、事前に見るほどではない。あっても時間がないから参考にならない。続いて指導課長、放課後対策課長、文化芸術課長、生涯学習推進室長、スポーツ推進課長、中央図書館長、福祉業務室長、こども家庭課長、保育課長、高齢福祉課長、健康づくり推進課長補佐、医療年金課長とつづく(お一方抜けがあるかも?)。この12号は一般会計補正予算関係にて、内容には増あり減もある。説明は担当課長が個々にすすめるながれ。女性課長も多く、よどみもない説明にて好印象。 質疑に入る。石原委員質問つづいて尾野委員。しばらくして休憩。再開は11時15分とのこと。ここで退場。

というのは、手にいれたタブレットでのライブ発信を試すためだったこと。それは分かった。ライブ発信は可能だが、入力操作に不慣れであることと、文章校正等の編集操作はほとんどわからないので、もっと熟練しなくては無理。今回は帰宅して若干校正した。原状、とてもライブで納得いく発信は困難。   

2017年3月17日 (金)

一中混声合唱団コンサート

 3月22日(水曜)、牛久市中央生涯学習センターにおいて、牛久第一中学校混声合唱団の第4回コンサートが開かれます。全国大会進出常連校の見事な混声合唱は牛久市の自慢。今月12日(日曜)静岡市文化ホールで開催されたヴォーカルアンサンブル全国大会においても銀賞受賞。これが28年度を締めくくる全国大会でした。これから4月、新入生を迎え、29年度に向けた活動が始まります。横綱稀勢の里関同様全国版の同校の合唱団の活躍ををお楽し見下さい。17時半開場、18時開演
Photo_2                  クリックすれば、更に大きくなります

2017年3月14日 (火)

一般質問傍聴記

0313 昨日13日(月曜)毎日新聞朝刊、茨城版に「開かれた政治で信頼を」とする署名記事をみた。その冒頭、議会改革の一環で、平日は傍聴できない人のために12日(日曜)に「休日議会」を開き、小谷町長の新年度施政方針と当初予算案の内容に関して活発な質疑応答を約30人が聴き入ったとある。 我が29年第一回牛久市議会。初日の2日(木曜)、根本市長の新年度施政方針と当初予算案の内容(3月1日広報にある)、これに加えて執行部提案の議案説明があった。ここ数年、議会は開会初日と最終日(採決)および一般質問初日午前中は必ず傍聴している(その他、教育民政常任委員会等も)
 大洗町の進んだ議会改革記事もあり、今回多く傍聴した6・7・8日、3日間の一般質問につき感想を記すことにした。前記事「牛久市定例議会傍聴」の続編。一般質問初日に質問者と質問順、質問事項を記載した資料を受け取る。今回は、初日7人、二日目6人、三日目5人の18人(議員)。この順と人数はどのように決めているかは不明。形式は一括方式+一問一答が1人、他の17人は一問一答。一問一答だから活発な質疑か?と思いきや期待はずれ。質問は事前通告で、執行部はそれに対応し準備した回答。議事の効率的な進行上ある程度はやむを得ないが、質問者の多くにみる前口上(質問に当たってご自身の認識と立場の主張のようなもの)と、対する回答(かくかくしかじか)前置き、どちらも長すぎ。傍聴者は資料で見えている項目の回答に注目しているが、待つこと久しに。正直なところ退屈である。もともと一人当たりの質疑時間にはきまりはあるのだろうか?一時間以上もかかって、しかも肝心な質問項目に対しては短時間回答となると、アレ~~と言う気になる。活発な内容のある質疑であれば、その時間も受けとめられるが。なかには再質問にも準備されたとも思われる回答もあったりする。質問一項目への再質問は、本来当意即妙のアドリブではないか?また議会で数値を質すというのも如何なものだろう。議員は常時、執行部に調査に立ち入れるのだから、その場で多くを確認できよう。で、あれば本会議では事前調査で得た数値の公表を容認させるで十分。
質問項目の重複もある。議会の控え室を見る限り5会派あるが会派内でも相互調整のようなものはないのだろうか。市民にとっての関心事は、大別すると現状の問題を役所はどう認識し対処しようとしているか?と、市の将来についての方向性・実現性。
 先を見越しての教育、今の子育て支援、健康・高齢化、困窮者対策、増える空き家対策、企業誘致、街づくり、活性化対策、農業基盤の改革、道路・公園等々問題・課題は山とある。一つ一つの解決には時間も予算も必要。それだけに、先ず、問題や課題の解決に向けてのロードマップだけは、いわゆる見える化で示して欲しい。これからの街づくりは、ひとり役所に要望するだけではなく、市民も”できることはできるだけ”分担する仕組みであって良い。伊藤議員の言う協働化は当然。仕組み作りにはいるべきとき
 以上は三日間18人質疑中の11人傍聴のうえでの感想にすぎない。あの議場には10時から17時ないし17時半までの時間、ほぼ50人在席した。はたしてその費用に見合った内容であったろうか?
昨年11月12日にエスカードホールで内容のある市民セミナーがあったが、参加者が少なく残念だった。また、見落としたのか、その後「牛久市議会基本条例制定」に向けての動きを知らない。議員活動を知るうえで、市議会だよりは、県議会だより同様見ている。そのうえ投函は少ないが議員個人の発行するチラシは議員活動の情報源。誰が何に関心を持ち、どのように取組み、そして成果を得ているか、それを限られた紙面で表し、かつ知らせているか?を知る手立てとして有効。
 先のセミナーで知った政務活動費。牛久市は講師が驚いていたが月額7,500円、年額9万円という。当時、富山での不正使用、虚偽申告が話題になっていただけにビックリした。月額7,500円で何が出来るの?少なすぎる。ある議員に聞くと周辺の自治体でも少ないそうだ。活動に見合ったいるということか。普段、議員は市民にとっては遠い存在である。町のイベントとか入学式・卒業式でしか知ることはない。そのうち、その活動の概要と報酬について調べ、選挙民に知らせるのもありかと言う気分になってきた。

2017年3月 6日 (月)

牛久市定例議会傍聴

   3月の定例議会。2日の初日に続いて一般質問初日を傍聴している。かねてから計画されていたが、傍聴席の両わきに46インチくらいのモニターが設置された。これで発言者の様子が分かるようになった。今回の一般質問は18議員、全員ではない。街づくりや教育の話題をマークしている。予定質問に対して用意された回答だが一問一答が多く、議員は執行部をチェックする役割は果たしているようだ。稀勢の里関の話題を数人がとりあげていて関心の深さもわかった。市の広報にはチャンス。嬉しいこと。Q_2

 実は先の土曜カッパ塾の日に、29年度にお世話いただける講師をお待ちするべくいつもより40分早めに奥野小に出かけたのだが・・、うっかりのミスで転んで左指負傷。血が止まらないので病院に直行してカッパ塾へ戻った。もっか消毒治療で包帯まき。従って満足のいく指使かいはできない。でも折角ボランティア活動のために手にいれたタブレットだから傍聴記=ホットニュースを打ち込み入力の練習。朝10時からの伊藤議員にはじまり12時20分迄聞いて昼食休憩。外食して3学校ばかり巡回訪問し14時20分議場に戻る。それから17時30分、最終質問者長田議員まで傍聴した。小松崎議員の質問は、再々質問もあり準備のない中の回答はチョッとした緊張感があり、眠気を吹き飛ばしました。石原議員はいつものように執拗に追っかける。粘りすぎはどうかと思わないでもないが前進した言質を得ていた。議員の質問には想定外であったか?執行部と市長との間にも微妙な違いもでた。それも当然。かえって自然。長田議員、確か一年生議員ですよね。それにしては確かな質疑になっている。

 傍聴席の正面は議長席を挟んで左右に4×4列。12名+αの部長・次長が回答のためか?位並んでいて壮観。モニターで見えるようになった議員席は質問者席後方側はみえるがその一部にすぎない。カメラワークによっては他もみえるようになるのだが、またはじまったばかり、今後を待とう。質問と回答のこの時間、たんたんと進むと緊張も緩む。下を向いたままとか、めをとじた?かのようにみえるとか、さまざま。人間そんなにながく緊張してはおられません。かくいうわたしも。
傍聴しているうちに牛久市が日本のモデル議会を目指して欲しいと思えるようになった。議員も執行部も、大変ご苦労さんといったところ。失礼な話だが、真面目に市政に取り組んでいると見直した。むろん甘さも見え見え。少なくともこの議会のやりとりに関心を持った変人=私、ここにいる。これからも応援する気持ちでライブ発信しよう。傷が癒えてからのことにするが。

 まさかライブで発信しているとは予想外だろう。機器持込み禁止になるかも知れませんな。この程度で困るようであっては、それこそ困るが・・・。本日は、帰宅してから記述を改めた。まずは反応を待つ。より良い議会であるように望むばかりの一市民として。

ps)議場は撮影禁止です。でも文章ばかりでは見栄えしませんな。自由に撮れては行き過ぎも出ますからしょうがない。どこまでOKなのか、今度聞いてみましょう。さて、どんな応対をされるか。

2017年3月 1日 (水)

スマホデビュー苦戦

 5ヶ月迷ったスマホに昨日:28日切替えた。そもそもは5歳上の兄が携帯に電話してきて、滅多にない長電話になったこと。何故かと尋ねるとスマホに切替え、テストしているのだという。かけ放題契約。80歳という年齢からして、操作を憶える最後の機会と捉えたのだという。そうだろう。同感。その歳では凄いこと。いまや世の中はスマホ生活で進むのは確実。そういう時勢を感じる。”私達は最初のスマホ世代”だったか?洒落たCMも流れている。残るCMになろう。実は、これまでスマホを敬遠していた。あの画面では文字が小さすぎてよく見えない。だが中学校に導入されているツーインワン(画面とキーボートの分離使用可能)タイプのパソコンは、2010年導入以来リプレース遅れの目立つ小学校にも近いうちに導入され、デスクトップPCにとって換わるだろう。そのときに、子どもたちに初期の操作さえ指導できないのでは・・、これまで続けてきた活動柄、なんとも我が身が情けない。だからそのときはスマホとタブレットは、同時に購入すると決めてショップを覗いていた。現在の通信料金、ガラケー(FOMA)とやや見下され感の携帯で、メール中心、ときどき電話ていどで夫婦で5千円弱。それがスマホに切替えると自分だけで7千円をこえる。これはコストアップも過ぎる。でも、このところ格安スマホのCMが多く流れていて興味を引き、動揺した。詳しく聞く気になってケーズデンキHU店のドコモコーナー訪問し丁寧な応対を受けた(お客だから当たり前か)
 ①用途は携帯はメールの送受信が主、ときどき電話受信、写真も小さいサイズでときどき撮る程度 ②スマホは画面が小さいのでタブレットも同時に購入する ③スマホには多くのアプリがあるがほとんど不要だろう。早い内にキャンセルしたい ④スマホを持つことで、ノートパソコンで、何処でもネットをみたい。こうした条件。いろいろ聞くとタブレット代金は別で、スマホ契約でノートPCもタブレットもネットを使うことは可能。それには、やはりキャンペーン割引しても月7千円だという。格安も2年目以降増額になる。いろいろ聞いたが、結局、同時購入と決めた。その契約と機器の受取りが28日午後。なんと3時間弱かかった。一つ一つの説明、それを繰り返す。金融商品と同じ手法。ついでに関連グッズも購入した。右の画像は、昨年2月購入したノートPCに今回のiPadとスマホをおいたもの。0301
 操作習得に苦戦している。契約迄に3時間も要したから先ずはそれまでとし、後の操作覚えはなんとかなるだろうと考えていたのが、実にあまかった。電源ONと初期画面程度は初めに聞いたから分かるが、ひとつひとつのアプリ等はどういうものか?有料無料もわからぬ。同意を求められても確信を持てない。安心遠隔サポート契約をしたから、そこに聞けば何とかなりそうだが・・・、ここであらためて、基本操作くらいはお店でも教えてくれるのではないかと思えた。その担当者は1,2日は勤務外ときいている。早めに時間をとり行ってみることに。

この項、店の応対を含めつづける。年寄りのスマホデビュー談になるだろう。パソコンには詳しくても、もの覚えが衰えている。さてどうなるか。自習するならこんなサイトもあり視聴してみた。

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »