« 奥野 自然探検 | トップページ | 早急な改善を:ネット環境 »

2017年4月28日 (金)

先生の環境の認識

 連休を迎えるこの時期は、新年度であること、新クラスであることで、先生と子どもは、気持ちも新たに学級づくりの真っ最中。どこの学校にも、ピカピカの明るさがみえる。年度初めの定期巡回訪問では面食らった。いつもと違う時間に、一斉に校庭に飛び出してくる子どもたちに遭遇。家庭訪問のこの時期、短縮授業で中間休みにズレがでた。 先生にはお子さんをおもちの方もおられる。訪問されてのも慣れているのでは?と水を向けると、我が子の先生を迎えるときは別、緊張するらしい。そういうものか。
 ”先生は多忙である”ということは、マスコミも採りあげて、人々には広まったが深く分かってはいまい。それは当然、結局はニュースで知るばかり。その点、毎月の定期・不定期訪問で、普段の学校の多忙さは実感として知っている。小学校と中学校の違いはある。保護者や皆さんに、それをボリューム感をもって伝えようにも、データをとる立場になく、添えられないのは残念だが、今後は、ときおり記事にしていこうか。
Photo うしくの教育、それは佐藤学先生の「学びの共同体(左図:筆者編)共同体実現を目指すもの。以前、ときおり見かけた生徒指導の様は、今やその影もない。学力も上昇傾向にあると。この学びの理念の地域展開へ踏み出した。学び合う、聴き合う、助け合う授業と、いくつもの校内研に参加し観察して、先生自身や先生同志(註:同士に非ず)の努力には頭の下がる思いがしている。
さて、我がサポート活動、マンネリ化してはいないか?他に何ができることはなかったのか。”できることをできるだけ”の精神で、機会をいただいてはきたが、正直、組織外のボランティアである非力さを痛感することはあった。これからは、その部分の発信にも臨んでみよう。

 先生方を支援したい。その仲間を増やしたい。先ずは、先生の置かれている立場、環境の認識からだろう”先生は多忙である”資料は、文科省サイトに多くみる。ほとんどがA4サイズにぎっしり詰め込んだ分厚いもの。中央官庁の課長補佐クラスの作だろう官庁用語になっている。実際には業界スタッフ(その経験あり)の力を借りているはず。資料は、整理はされてはいるが重複する資料も多い。図だけでも何かをつかめるものはないか?と探していて、いくつか見つけた。同一時点の調査資料。「『学校・家庭・地域の役割分担と教育力の充実について』関する参考資料」と題する50ページクリックで表示のPDF資料の中の6ページと27ページの図。眺めているだけでも、それなりに考えられるから興味を引く。04271_46ページ(右図)教師の多忙化の主な要因について】、上下二段に昭和41(1966)年度と平成18年度(2016)とを棒グラフで対比している。増えた部分は、①生徒指導(現在のうしくではこの点はあてはまらない) ②補習・部活動 ③事務的な業務(学校経営等)。授業準備時間は減った。この資料には元資料もあるからそれを見るとより詳しくわかるが、まずはここから。
04272 27ページ(左図)教員の勤務時間の経年変化】。前資料と元は同じ。視点が異なる。グラフはスッキリしていて見やすい。児童・生徒に直接・関かわる時間は増え、他もあり残業は月約8時間が34時間に。児童生徒の授業時間に変化なし。割合変わる学習指導要領には、都度対応していようが授業準備の時間だろうか?それにしては減っている。
 うしくの教育は、プロフェッショナル教師としての磨き上げを校内研修の場で、同僚から学びまた同僚に寄与している。授業の質は以前より向上しているのではないか。今年度はそうした気持で見に行く。新卒や経験の浅い先生もその学びの場において、先輩の着眼点を見聞きし、共有し成長してゆく。
 授業の準備には、コンピューターの活用もあろう。とりわけ、教材研究はネットに溢れているコンテンツから、有力なコンテンツを見つけて、アレンジする作業もあるはず。時間がかかる。でも、現在その時間を学校で確保するのは難しい。そうした環境になっていないからだ。次回あたりに、先生を取り巻くネット環境について示すことに。

 ps)思いがけなくも本日:4月29日(土)毎日新聞4月29日朝刊社会面に「教員勤務実態調査(平成28年度)速報値 」が4月28日に公表されたとあり、その概要が署名記事に。詳細が分かれば改めて記事にする。授業法に邁進している先生方へ出来ることで報いたいもの。先ずは劣るネット環境から。
一人よがりだろうか?

« 奥野 自然探検 | トップページ | 早急な改善を:ネット環境 »

学校サポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 奥野 自然探検 | トップページ | 早急な改善を:ネット環境 »