« 能代~角館小さな旅2 | トップページ | いじめと、自殺と、忖度と »

2017年5月28日 (日)

29年度土曜カッパ塾

0513 5月13日、今年度も他校に先駆けスタートした奥野小土曜カッパ塾。運営の主体が変わった従来の市教委放課後対策課から地域・学校コーディネーター(通称「コーディネーター」)へ。おくのキャンパス4名のコーディネーターは今年1月からその変化に対応してきた。放課後対策課は児童クラブの運営のほか、土曜カッパ塾も前年度、全ての小学校に立ち上げた。それは1月26日の記事「拡がるカッパ塾」で紹介した(右表28年度版、英語は29年度全校にひろまるようだ?)
170125 カッパ塾は平日もある。学習の習慣づけの平日カッパ塾、講師等の手配もあり対策課が継続して運営する。土曜カッパ塾は、本来地元運営でありたい活動のひとつ。準備の整ったところから順次運営をお願いする/移管するということだろう。おくのキャンパスは3月、コミュニティ・スクールになった。わたし達は学校運営に、密に協力する手始めとして、この運営移管に取り組んでいる。 変化したのは何か? 何をどのように実施するか、再考し企画する 講師を求め市教委・学校等との連携を密にとる 目的・狙い、ルールを見直し、案内を作成し募集と回収事務を学校に依頼する 使用施設(学校)、その開閉(セキュリティ)から借用教室等の管理迄、これらが増えた実施当日の受付から講師・サポーターの時間割り付け、児童の学習に取組む姿勢や健康面を含め、見守りと指導の補助もする。ときに体調不良ともなれば保護者と連絡をとりあう。 ①~③は街おこし経験者を中心にして数回準備会を持ち、かつ独自の活動を進め、事務作業もあった。毎日続くわけではないが仕事(Job)そのもの。④の学校の開閉は前日に、鍵を預かるところから、当日の解錠/施錠。またセキュリティー会社への連絡。これらけっこう気を遣う。4人で手分けするものの、それぞれにも事情があるから中心となるコーディネーターの負担は決して少なくはない。講師他の控え・講義準備室も、職員室から2階研修室に変わった。毎週土曜日、学校の先生のどなたかは、お仕事の延長で出てこられるのをみるが、カッパ塾運営者ではない(といっても、毎回教室に顔を出されている)。施設は借りるが、運営は地元のコーディネーターというわけだ。
 奥野小の土曜カッパ塾は、この地区に学習塾がないこと、また通うにしても遠距離であることから、国語と英語をとりあげて漢検、英検を念頭に進めてきた。いわゆる他校でおこなうカルチャー面は、この地区に根付く個人及び諸団体の協力を得て、日曜日に開催。カッパ塾も3年経過した0520コーディネーターとサポーターと講師の方々は、ボランティア処遇にて、これまでゆるやかな指導で、努めてきたが今年度はからは、世話する側も、張り合いある活動に高めたい0520_2そこでカッパ塾開始初日の13日、受講者個々の力を把握する小テストをおこなった。2回目の20日以降これを参考に、それぞれに見合った指導にチェンジ。受講学年も2・3年生と4・5・6年生に分け、1年生は運動会後の10月21日からとした。漢検も英検も、その合格は努力する喜びを知り、やる気スイッチONのきっかけにもなる。無理はいけないが意欲ある子には応えたい。0527一方、楽しさも爆発させたい。そこでダンスを塾に加えた毎月末土曜9時から10時30分(通常より15分早い)。まずは希望の多い恋ダンスから。今回:27日は音楽室、次回からは体育館の使用も考慮。学習には意欲をぶつけ、ダンスは楽しさ一杯だった5月の土曜カッパ塾、新たな成長の予感がする。05272奥野小土曜カッパ塾日曜カッパ塾の行事予定、左記のアンダーバー付き文字のクリックで奥野小HP当該ページを表示する。<おくのキャンパス 学校運営協議会委員S.H> 

« 能代~角館小さな旅2 | トップページ | いじめと、自殺と、忖度と »

奥野カッパ塾」カテゴリの記事

コメント

カッパ塾,盛況ですね!!
この取り組みは,素晴らしいと思います。
これは奥野の地域だからこそ,スムーズに移行できたことだと思います。改めて,奥野の地域力のすごさには感心させられます。どんどん盛り上がっていくカッパ塾,これからも遠いところから応援していきます。
教育界の今のトレンドは「社会に開かれた教育課程」です。奥野は,まさにその最先端にいるような気がします。
負けてはいられませんな(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能代~角館小さな旅2 | トップページ | いじめと、自殺と、忖度と »