« 学校運営協議会 | トップページ | ビオトープ畑体験ほか »

2017年7月20日 (木)

”まつり”、ふりかえり

 まつり!?・・つい先日7月15日の「第4回おくのふれあいまつり」のこと。今回【第4回】とある。過去3回あり。まずは、ここに至る流れを整理しておこう。この記事での記述上、表には整理番号①~④をつける。Photo 初めは2014(平成26)年4月、数年ぶりに鈴木先生が校長になって戻ってきた。市教委の土曜カッパ塾の導入元年。この土曜カッパ塾、はじめはひたち野うしく小で準備されていたが、鈴木校長は”奥野小も”と手を挙げた。奥野地区は学習塾まで遠距離。そうした塾に縁遠い児童に、類似した環境を土曜カッパ塾で提供したいという熱意。本来、土曜カッパ塾は生活・文化面に地区の方々の協力を得るのを主旨としていたが、奥野小は英語と国語の2教科を採り上げた。生活・文化面は、この地区を知る校長ゆえ、数人に声をかけ日曜(カッパ塾)開催の方向へと進み始める。
 この年は、奥野小学校誕生の50周年だった。確かに1965(昭和40)年、この地を開き校舎を新築し、分散していた学校を統合してスタートした。奥野小の由来は以前調べた
ここをクリック すると年表を表示する)。当時は、牛久町だったから、昭和61年6月1日市政施行までは、牛久町立奥野小学校。年表作成者として、の式典でどのようなスピーチがなされたか?些か気にはなる。なにしろこの学校、明治6年来の私塾に由来しているという誇りがある。推察だが前市長は、日本全国同様の人口減少下にある奥野地区の文化・歴史を大切に認識されたのだろう。放っておけば統合されそうな学校を維持しようと意図し、企画されたのだろう。奥野小と牛久二中、小と中学校、それぞれ一校をあわせて”奥野学園”を構想し、両校の特長づくりに着手する。文科省の事業にも応募した。議会の理解もあって、その後、小規模特認校指定校やおくのキャンパス コミュニティ・スクール指定につながっっていく。

 この50周年式典から地区を見直しその魅力を再認識するきっかけにもなる、毎年1回のイベント開催を意識。①と②は鈴木校長、からは青木校長。②以降は多少資料もあり、また本記事でも紹介した。
奥野サマーナイトフェスティバルは、当時奥野小別館は奥野さくらふれあい保育園となっていたから園児、児童、生徒と地域住民の参加するイベントになった。おくのふれあいまつりは、直前にあった奥野っ子ステージ"に特長づくりの取り組み成果に注目を得て取材陣もやってきた。秋には、小規模特認校試行の広報を開始する。そうした基盤を作って鈴木校長は定年で去る(以降市教委でサポーターに)。引き継いだ青木校長は、奥野小のスローガンである「できた、わかった」に、「もっとやっていみたい」を加えた。学びあう授業も、特色づくりも新味を加え発展させている。こうして、かつての奥野学園構想は、保育園、小学校と中学校に絞り正式な呼称をおくのキャンパスに。Photo_2
今回の第4回おくのふれあいまつりは、昨年11月の小規模特認校、今年3月のコミュニティ・スクール指定を受けて最初のイベント。開催日時やプログラム構成に課題はあるにしても、確実に年一回のおくのキャンパス挙げての行事となるように盛り上ってきた。
月15日:この日の様子は牛久市役所SNSにある。当方の描写より優れた記事につき、そちらをそっくり拝借させて頂く
(発信者承認済)2_2左図には「もっと見る」と記事の延長を促す部分があるので、そこもこの際紹介しておこう。牛久市役所は、29年度の組織改革にて市長公室のもと広報政策課がうまれた。これからは市民活動課等とも連携した牛久市のトータルな広報に整備・発信されてゆくだろう。市民として牛久市役所のFaceBookを【お気に入り】に加え、みんなで応援しませんか。引用した記事は、今日現在5番目にある。
註:本記事中の下線付き文字にはリンクがついています。クリックするとリンク先サイトの表示です。ご覧ください。)

ps)第4回おくのふれあいまつりは、奥野地区体育祭と同じく学校行事になった。午前中は授業、午後イベント。そして振り替え休日をもうける。それだけに先生方の推進力は一層強まったが、地域住民色は薄くみえた。おくのキャンパス学校運営協議会の決定にもとづいての実行だが、そのチームはどういうチームか、どのように地区に広報するか?プロセスがみえない。コミュニティ・スクール元年だから、これで良いのかも知れないが、時間がかかっても地区を巻き込む方が良かろう。多忙な先生方の大きな負担になってはならない。
ps2)参加者に市長、議員1、教育長、教育委員3,市教委次長1,課長2、メンバー数人、行政区長4、地区社協メンバー数人、PTA役員・保護者等、前回より増えた。しかしキャンパス出身の高校生(今回は数人)や大学生、それに60代、70代の地区の方々(かってはPTAだったはず)は少ない。これらの方の参加を多く見かけるようになれば、コミュニティ・スクールの動きにマッチする。いかに働きかければよいのか課題である。まずは日常顔を合わせる機会をふやすことなんだろう。

« 学校運営協議会 | トップページ | ビオトープ畑体験ほか »

おくのキャンパス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 学校運営協議会 | トップページ | ビオトープ畑体験ほか »