« 牛久一中合唱コンクール | トップページ | 議会報告会に参加して »

2017年11月20日 (月)

第4回おくのキャンパス・・

 第4回のおくのキャンパス運営協議会は11月14日(火曜)二中にて開催された。当初は奥野小だが、二中一年生の授業参観の希望があり、総合的な学習の時間を先行参観するための場所と時間の変更する。両校は隣り合っているから問題なし。前回の第3回同運営協議会には、意見・提案を用意していたものの、次兄の急逝で参加できず資料を託しただけだったが、帰宅して驚いた。教頭先生持参の資料が書斎にある。お陰でその概要を知った。1114cs今回:第4回は平日の午後だけに勤務されている方には欠席もみえるが、出席者には実際に活動している方多数で、突っ込んだ意見交換ができた。右の写真は、司会席と学校側関係者席のみ。実は左手や後方に多くの協議会メンバーおよびオブザーバーが着席している。中には東大修士論文作成中の学生も。
 議事は【報告事項】から。オレンジ市生徒(OAGS)のホームスティ、市民体育祭、
オープンキャンパスの3題。
①のきっかけは確か?”奥野では外国人を見かけないね”の児童のつぶやき。
OAGSとのスカイプ交流はそうして始まり、先方からホームスティの要請があり、OKと返答して今回のステイ受入れ実現。おくのキャンパスは外国語教育(英語)に力を入れているから、その成果を見ることもできる。彼らの帰国後、小・中学校の児童・生徒全員と父兄からのアンケートを集めた分析報告があった。その大要は、低学年は「楽しかった」であり、中学年以上になると「自分のためになった」という割合の多いこと。なかには、発音が通じなかったがジェスチャを交えてとか、マイナスをプラスに転換させた感想もみえる。全体的に成功。それは受入れファミリーはもとより、市役所・関係者のサポートのたまものである。過疎地でもその気になればなんでもできる。英語をコミュニケーションとして知る機会になった。今後へ期待する意見には、オレンジ市に行きたいとする子もいる。②の体育祭OAGSの生徒も一緒になって数競技に戯れた。③のオープン・キャンパス。案内は以前の記事にもあるがあらためて左図70_3。18日の奥野小土曜カッパ塾からはじまった。奥野小のオープン期間中の時間割は右図。左はPhoto_4牛久二中。Photo_2
 【協議事項】にうつる。(1)児童・生徒数の推移、(2)おくのふれあいまつりの次年度の方向性、(3)授業支援、(4)その他となる。
(1)は小規模特認校の現状(児童生徒数)。奥野小202名中他地区は26名(H28=8, H29=18)。1割を超えている。多くは1年生だが市街部の大人数校からの転入もいる。奥野小は児童数は少ない。その分担任の先生はもとより、教職員全員が全児童を把握し面倒見の良さが子どもに安心を生み出しているのだろう。課題は二中の生徒確保。現在92名(内6名)。転入が多くなれば、やりたい部活も可能になるのだが・・というのが先生方の悩みどころ。少ない部活でも軟式テニス男子は今年度茨城県で優勝した。過去、第一志望でない部活に進んでも貴重な体験を得たという意見等も見られた。(2)のおくのふれあいまつり。学校側からの
次年度運営についての方向性の打診。学校には定期異動があり、継続した方針による運営に難もあり得る。地域主体の運営へ移管はどうだろうという提案。もっともなこと。奥野12行政区の自然減は続き、高齢化している。集落でのまつりは多くが消えていく。でも歴史は古く、地域住民の地域愛は強く結束も堅い。なんらかの手立てを講じて、奥野12行政区全体の存在感をもたらす行事は必要だろうと、学校に長く出入りしてきた一人として思っているところだった。秋の市民体育祭には一昨年から小中学生が授業の一環として参加し賑わいが増したおくのふれあいまつり奥野小50周年をきっかけにはじまりその発展。おくのキャンパス(保・小・中一体)”に続いてコミュニティ・スクールの指定も受けた奥野。これらは行政側の努力での基盤の誕生で好意的。育て上げるのは奥野の住民の役割になろう。最近、後期高齢者になった自分はどうもいけない。つい面倒になってしまう。参考までに左表をご覧頂きたい。11204cs_2どう読み解くか。今後の就学を見込む母数も手元にある。26年度までの奥野12行政区の人口および世帯数の変化はこちらからにある。その分析ダイジェストはこちらから
 今回の学校の提案は、奥野地域住民にとっては、自分たちの自分たちによる学校の継続を望むなら何をするか、何が出来ようか?を考える良い機会になる。運営の次年度移管は無理にしても、この地区にはそれぞれ楽しく活動しているグループがいくつもあるから、地域コーディネーターや学校に係わる関係者がそれぞれに働きかけ、緩やかな結集の呼びかけをはじめねばならない時期でもあろう。
(3)の授業支援。第3回協議会で奥野小から要請され、既に実行に移っている。それは、毎月行われている先生同志の教え方を磨きあう研究会のときに、担任の先生が安心してクラスを空け提案授業に参加するための留守をお願いしたいということ学びの共同体における
学びあう/支え合う授業の手法は、さまざまな効果を生む授業法であると私自身、市内の学校の授業を観察しスーパーバイザーと呼ばれる特別講師と会話しかつ出版物やネットで学んで高く評価している。但し条件がある。先生は常にプロフェッショナルとしての高い意識のもと自己研鑽を継続すること。そのためには牛久市あげての取組みである各校における校内研修には保護者も住民も、できることはできるだけ支援していくことで、先生を先生に盛り立ててゆくことが望ましい。奥野小の10月27日の校内研修には10名の協力者があらわれた。6クラスしかないから複数が留守居役ということに。一声をかければ快く引き受けてくれる皆さんがいる。(4)のその他は、土曜カッパ塾や日曜カッパ塾を主体となって運営しているコーディネーターからの報告。これまでの活動と経緯の紹介があり、発展を期すために、次年度の活動についての組織作りとコミュニティ・スクール醸成の一環としてのWEBサイト:Sunday Okuno Kappa Academy がさらなる充実した活動になれるよう、多くの地域の方々の指導とご参加協力を呼びかけた。
そのためにも、小・中学校からの情報および住民同士、活動グループ間の情報共有の必要性が問われ、情報収集ルートの仕組みを構築する段階に来ていることが課題として認識された。次回運営協議会は1月下旬を予定している。
<運営協議会委員S.H>

« 牛久一中合唱コンクール | トップページ | 議会報告会に参加して »

おくのキャンパス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 牛久一中合唱コンクール | トップページ | 議会報告会に参加して »