カテゴリー「奥野カッパ塾」の記事

2017年5月28日 (日)

29年度土曜カッパ塾

0513 5月13日、今年度も他校に先駆けスタートした奥野小土曜カッパ塾。運営の主体が変わった従来の市教委放課後対策課から地域・学校コーディネーター(通称「コーディネーター」)へ。おくのキャンパス4名のコーディネーターは今年1月からその変化に対応してきた。放課後対策課は児童クラブの運営のほか、土曜カッパ塾も前年度、全ての小学校に立ち上げた。それは1月26日の記事「拡がるカッパ塾」で紹介した(右表28年度版、英語は29年度全校にひろまるようだ?)
170125 カッパ塾は平日もある。学習の習慣づけの平日カッパ塾、講師等の手配もあり対策課が継続して運営する。土曜カッパ塾は、本来地元運営でありたい活動のひとつ。準備の整ったところから順次運営をお願いする/移管するということだろう。おくのキャンパスは3月、コミュニティ・スクールになった。わたし達は学校運営に、密に協力する手始めとして、この運営移管に取り組んでいる。 変化したのは何か? 何をどのように実施するか、再考し企画する 講師を求め市教委・学校等との連携を密にとる 目的・狙い、ルールを見直し、案内を作成し募集と回収事務を学校に依頼する 使用施設(学校)、その開閉(セキュリティ)から借用教室等の管理迄、これらが増えた実施当日の受付から講師・サポーターの時間割り付け、児童の学習に取組む姿勢や健康面を含め、見守りと指導の補助もする。ときに体調不良ともなれば保護者と連絡をとりあう。 ①~③は街おこし経験者を中心にして数回準備会を持ち、かつ独自の活動を進め、事務作業もあった。毎日続くわけではないが仕事(Job)そのもの。④の学校の開閉は前日に、鍵を預かるところから、当日の解錠/施錠。またセキュリティー会社への連絡。これらけっこう気を遣う。4人で手分けするものの、それぞれにも事情があるから中心となるコーディネーターの負担は決して少なくはない。講師他の控え・講義準備室も、職員室から2階研修室に変わった。毎週土曜日、学校の先生のどなたかは、お仕事の延長で出てこられるのをみるが、カッパ塾運営者ではない(といっても、毎回教室に顔を出されている)。施設は借りるが、運営は地元のコーディネーターというわけだ。
 奥野小の土曜カッパ塾は、この地区に学習塾がないこと、また通うにしても遠距離であることから、国語と英語をとりあげて漢検、英検を念頭に進めてきた。いわゆる他校でおこなうカルチャー面は、この地区に根付く個人及び諸団体の協力を得て、日曜日に開催。カッパ塾も3年経過した0520コーディネーターとサポーターと講師の方々は、ボランティア処遇にて、これまでゆるやかな指導で、努めてきたが今年度はからは、世話する側も、張り合いある活動に高めたい0520_2そこでカッパ塾開始初日の13日、受講者個々の力を把握する小テストをおこなった。2回目の20日以降これを参考に、それぞれに見合った指導にチェンジ。受講学年も2・3年生と4・5・6年生に分け、1年生は運動会後の10月21日からとした。漢検も英検も、その合格は努力する喜びを知り、やる気スイッチONのきっかけにもなる。無理はいけないが意欲ある子には応えたい。0527一方、楽しさも爆発させたい。そこでダンスを塾に加えた毎月末土曜9時から10時30分(通常より15分早い)。まずは希望の多い恋ダンスから。今回:27日は音楽室、次回からは体育館の使用も考慮。学習には意欲をぶつけ、ダンスは楽しさ一杯だった5月の土曜カッパ塾、新たな成長の予感がする。05272奥野小土曜カッパ塾日曜カッパ塾の行事予定、左記のアンダーバー付き文字のクリックで奥野小HP当該ページを表示する。<おくのキャンパス 学校運営協議会委員S.H> 

2017年1月26日 (木)

拡がるカッパ塾

 今年最初の奥野小土曜カッパ塾は、通常授業開始に先立つ七草粥の日。いつものように講師(教師OBや英語に熟達した方)とサポーターは顔をそろえた。子どもたちの方が冬休み、授業開始前のせいか少なかったが翌週から平常に戻った。ひたち野うしく小と二校、平成26年度同時開始の土曜カッパ塾も今や市内全小学校に拡がった170125_4PDF版はこちらから)。実施する内容はそれぞれ。奥野地区には学習塾が存在しないので教科を採り上げ国語と英語に。英語は多くの学校で人気。主流は地区の方々の持つ生活・文化面を子どもたちとともに。奥野小だけはそうしたことは、独自に日曜カッパ塾として地区主催で行っている。
 学校毎に何をするか、誰がするか、そのお世話は誰がといったことを一つひとつコーディネートするのは手間も時間もかかる。実施内容もアイディアからはじまり可能性を検討し、決めても実際にやっていただける方を探し出すのも至難なこと。その点、校長先生OBを放課後対策課に配置したのは将に適材適所とみた。地域の情報、保護者や子どもたちの実情に通じていて、しかもとりまとめ経験の豊富なこと。多くの学校を訪問サポートしていて、学校をある程度知るだけにこの配置には役所もなかなかやるものだと納得した。
土曜カッパ塾と並んで平日には放課後カッパ塾もある。やはり平成26年度に開始した。このため茨城県から社会教育主事(所属:教育委員会放課後対策課:29年度児童クラブ課から呼称変更)が派遣され、なにもない白紙から企画し準備し運営してきた。放課後カッパ塾の方は、市内全校一斉に26年度から開始。小4から中3までの希望する子どもたちを対象に週に二日程度、講師の指導を得られる。学習の習慣づけも狙いとするから、学年混在の中での自主的な学習をサポートすることになる。講師は別に募った教師OB等。こうしたカッパ塾を担当するのは、教育委員会放課後対策課(左の課名をクリックしてご覧ください)。同課はずいぶん以前から児童クラブ(学童保育)を運営してきた。平日の放課後カッパ塾は、児童クラブと並行しており、塾が終わればクラブに戻ることに。放課後も土曜カッパ塾も4月募集、5月半ばから開始。カッパ塾の費用は無料だが、教材実費と送迎は条件。
 土曜カッパ塾は、特に大変。授業のない日に校内を使用するからカッパ塾の受付から授業サポート、帰宅までをサポートする要員は必要で、各地区ともに人々に協力を求め実現してきた。
 今や、教育は子どもの育成の視点にたち、平日は授業を通して学校の先生が主役、そのほかは、保護者と地区住民(通学する子どものいない家庭の大人を含め)とが連携して、生活・文化、情操面を加えて指導し、見守っていこうとする時代になってきたようだ。少子化なればこそ大人みんなの力を合わせるときでもある。

2016年7月 3日 (日)

おもしろ理科先生の実験工作教室

 日曜カッパ塾行事の土曜開催日版。表記タイトルで案内したところ、なんとなんと親子で65名がやってきた。おもしろ先生を見に来るのかと興味にかられて午前の土曜カッパ塾に引きつづいて覗いてみた。受け付けるところから実験、工作、後片付けまでのプロセス。12時40分過ぎには続々やってきて13時にはスタートし14時半にはすべて終了となる。この順調さ、参加者もさることながら学年委員さんの応援、活躍がおおきい。驚いたのは1教室増となったその講師はさてどなたが?努めるかとと思いきや保護者のお一人、吉田さんが受け持ってくださった。しかもまるで先生のよう。
1年生から3年生までは2階の理科教室で吉田さん、4~6年生は3階の工作室で教頭先生の指導。お二人の打ち合わせは直前のみだそうだがスムーズに運ぶ。実験工作テーマはふたつ。
①「UVビーズのストラップづくり」!と②スライムづくり。①はともかく、②は意味不明。準備には予想外の時間を費やしたと聞くが、それもそうだと配付資料をみて頷けた。160702_2
左図はその資料(A4サイズ裏表)のイメージ図。こちらクリックで拡大表示)。資料を見ていただきたい。皆さん、UVって、よく聞きますよね。紫外線のことと理解はしているが、そのつづり知ってました?からはいる実験工作その1の始まり。
封筒に6つのビーズが入っていて、これを手にして、窓際に行って陽にあてるとゆっくり色づく。色はいろいろ。生憎の曇り空だがそれでも色づく。ガラス越しでも色づく。この変化をみて驚き知識となる。このビーズをひもに通し即席のストラップをつくり、その1の終了。その2は、スライムづくり!とあるが、スライムって?・・ねばねばした液状のものとは分かるが・・・。早速工作開始。各テーブルには、500ミリのペットボトル1本と、ほぼ同サイズの洗濯のりボトル1本に透明のプラカップ数個。500ミリペットボトルには、あらかじめホウ砂を溶かした液体が入っていると言う説明から。毒性があるよ!という注意の指導から開始。もっとも食塩でも大量に口に入れると毒になる。こうした注意からはいるのが重要。教頭先生は理科が選任とかで、こうした運びには手慣れているのだろう。資料を見ると、作ることより前に材料の特性や注事項意を示している。プラカップのテープの線まで家庭にもある洗濯のりを入れ、同量の水を注ぎ、好みの絵の具で色づけし、さてここからが肝心。ホウ砂液を水と同量ゆっくり注いで割り箸でかき混ぜる。次第にネバネバしたものに変化。水やホウ砂液の量、かき混ぜ方によって出来具合が変わる。高学年ではそこが分かる。わかると分量を変えて変えてやっている。このネバネバ状のものがスライムというらしい。よく縁日で手触りのよい可愛い色のオモチャ?があるが、それと同じらしい。最後に出来上がりをビニール袋につめてお持ち帰りとなった。
感想を聞いてみた、児童も保護者も楽しかったの一色。待望していたようだ。次回は11月19日の予定。

2016年7月 2日 (土)

石原議員、土曜カッパ塾に

 7月最初の奥野土曜カッパ塾(2日)に市会議員であり、教育民政常任委員会委員でもある石原幸雄氏が実態の勉強ということで来校された。この日は2~6学年希望者の学習日。英語と国語の学年別(5クラス編成)教室をすべて視察し、その後、職員室にていろいろな質問を受ける。Photo_2
①この実施はいつからで何故か,②市内他校での実施は,③講師はどういう方々でその報酬は,④受講希望者は全校児童でどのくらい,⑤実際の出席者は,⑥平日の授業法との違い等。途中から当日休日出勤されていた校長先生も加わり、特認校としての質問を受ける。サポーターとしてお応えできることは限られている。事実しか話さない。
3年前からひたち野うしく小と本校の2校ではじめられ、準備の整った地区(学校)へ展開されている。この地区には一般の塾がないので学力向上を望む児童に機会を与えたい。採り上げる/実施する内容は各地区により異なり、音楽や料理教室もある。講師は元教師のベテランと地元も含む大学生や主婦。奥野では土曜は英語と国語、文化・スポーツ面は日曜カッパ塾で地区住民の協力を得ている。本日は日曜カッパ塾の土曜開催で教頭先生主催による「おもしろ理科教室」が午後行われる。講師のほかアシスタント講師を兼ねて受付け事務にあたるボランティアもいるといった程度。詳しくは、担当されている教育委員会の放課後対策課に直接おたずねをとお願いした。
 石原議員は今年になって1月19日は単独、6月1日は、小松崎、長田、伊藤議員とご一緒に平日の特認校(二中と奥野)と保育園を視察をされている。そのうえ土曜まで関心を寄せていただくのは学校評議員として有り難い。逆に不躾ではあったが、議員さんの日常の活動はどういうものか?おたずねした。議員の普段の活動は公約で示したことに関することのほかやるべきことはたくさんあるそうで、議員は専門性も必要なので総務、教育民政、産業建設常任委員を分担しているという。
 根本市長になってから本会議と教育常任委員会とを数回傍聴し記事にもした。これまで国会でも地方議会議員でも選挙のときにほんの少し関心を持つ程度の、むしろ遠い存在、近寄りがたい印象を持っていたが話してみるとそうでもない。今後、住民に最も近い存在の市会議員には機会を見つけてでも、教育の今後について意見交換したいもの。
 折角の機会なので、ながく学校の情報環境をサポートしてきて諦め切っていること:セキュリティ一辺倒の主張を繰り返す担当課とは見解の相違のままの職員室のインターネット利用環境を話題にした。セキュリティは重要だでも近辺自治体で出来ている環境が何故牛久市の学校では駄目なのか?この劣った事実は異動してこられた校長先生ほかの知るところ。もう少し学校の現場を知って、先生方の助けをやってもらいたいもの。

2016年6月12日 (日)

一年生の土曜カッパ塾:二回目の状況

 昨年度より半年早めの一年生の土曜カッパ塾。第一回の5月14日は、元気ハツラツいや可愛いヤンチャども、学ぶ塾以前でした。思わず前回の発信につけ加えるほどの。
二回目の6月11日は如何なることか?と少しの不安をもちつつ楽しみにして見てきました。残念なことにカメラを忘れたので紹介なしですが、それはそれは整然とした学習ぶり、感動しましたね。児童の成長って凄いものです。今年の一年生、カッパ塾のエントリーも多いのですが、普段は4月から奥野地区特認校の特色の一つ、イングリッシュ・タイムも自然に受け入れていますし、このぶんだとこの特色をいっぱい浴びて貰えそうです。
 実は一回目の学ぶ姿勢を見て普段はどうかと気になり、この一月、いつもより多く教室を覗いていました。担任とアシスタントのお二人の先生のご指導は見事ですね。この変化はその成果です。近年は幼稚園や保育園を経て入学してくるのですが、毎年それなりの違いはあるのは当たり前だそうで、対応も用意されていて手慣れたものです。保護者の皆さま安心して下さい。ヤンチャで可愛い子どもたち、確かな成長をみせていますよ。<学校評議員S.H>

2016年5月27日 (金)

土曜カッパ塾1ヶ月経過

 5月7日開始の今年度の土曜カッパ塾、5月予定の3回を終えました。28日は実施しない日。第一週と三週は2~6年、二週は1年生と5・6年。この組合わせは今後も続きます。今年度、英語は1クラス増の3、国語2の計5クラス編成。英検、漢検を目標に子ども達自身の自発的学習を講師が導き助けます。5月21日は2~6年生でした。5クラス編成ですから一学年ずつの塾となる。昨年は学年複合もありましたが、今年度は同学年だけ。学ぶ雰囲気は整然としています。21日の様子を数枚披露しましょう。12
 英語は外国人講師と元外国大使館勤務の地元居住者。カッパ塾は平日の授業と比べ人数の少ない分、先生との距離が近く応答はスムース。ネイティブの二人は、中学校の少人数指導、小学校のイングリッシュタイム(15分)に加え、連休明けから、おくのさくらふれあい保育園の年長さんも指導しています。つまり園児、児童、生徒まで同じと言うこと。昨年11月のスタート直後は、go straight のように短いフレーズとそのアクションを結びつけるものでした。音と行動で外国語(英語)に慣れるということか。現在は、絵本にあるようなイラストを提示し、発音に重点を置き、単語を知る、憶える、つづるの繰り返し(理解する)学習14昨年の英検の結果はヒアリングは満点、ライティングは不調でしたが、短期間でのチャレンジであったのでそれは当然。今年度は変わるでしょう。英語の習得は、聞き取る、正しく発声する、筆記するの順に、単語→複合語→単文節→文(センテンス)の順になるのでしょうね?指導の行く先(段階)が気になる。以前、計画段階のアウトラインを少しみましたが、6年生時は中学1年の教科書を網羅していました。これでは中学の英語(日本人)教師との連携は不可欠なこと。今後そうした方向に進むでしょう。小中一貫教育を基本方針としていますから。
15 国語は漢検を目指します。学年に拘らず、習熟度で問題集を選びチャレンジします。低学年では、漢字は部首を丁寧に説明しています。指導講師は3年目の熟練した教員OB、心得たもので、子どもたち個々に対応しています。若い大学生も加わって、一人一人に丁寧な指導をしている25。受講者の少ない6年生は、まるで個人指導塾のよう。英語も国語も近づきがたい真剣な雰囲気でした。
第二週だけは、ちょっと驚きました。昨年は10月開始の1年生を早めたのですが、5月14日では入学してまもないだけに学ぶ以前からの指導となりました。本来は、先生が入室し授業開始の挨拶となれば、児童全員、背筋を伸ばして着席、手を膝に置き前を向く姿勢であって欲しいところ、まだ躾けはそろっていない。タマタマだったのか?今風なのか?平日授業、先生も大変だろうと・・、今後覗いてみます。
 問題を見つけました。授業開始のチャイムがありません。夢中に運動場を駆けまわっていると、普段と違う授業開始に気が付かない。当たり前です。チャイムの代わりの何らかの合図は必要と痛感したものの、まずは声かけして見守ります。
 ところで、受付開始の9時、子どもたちは、保護者に送られパラパラとやってくる。この受付、昨年は児童クラブ課に頼り切りでした。今年はコーディネーターをお願いしているお母さん(保護者に限らない地元)方も加わった。しかし、まだまだ不足しています。大切な土曜の9時から12時ですから、お願いしにくくもあり、申し出てくださる方も・・・?。このまま推移すると一部の方に偏った負担となり、長続きしないのではないかと懸念する次第。特別なスキルは不要、子どもへの愛で十分。是非、お手伝い願いたいもの。こちらにメールいただければ有り難いのですが。<奥野小 学校評議員>

2016年5月 8日 (日)

平成28年度、奥野小の諸活動スタート

 5月7日、前年度同様の土曜カッパ塾。多くの受講児童を迎え3年目をスタートしました。160507_3
指導者は1回目来の練達の教師OBにネイティブに、若いお二人。英語と国語学習の取り組み開始です。強化されたのは英語。Ⅰ・Ⅱ・と1クラス増。国語はⅠ・Ⅱ。音楽室でのオリエンテーションのはじめに、主催する放課後対策(旧児童クラブ)課から漢検合格は本校は市内一番の実績、塾参加者はさらに高いとありました。今年度のスケジュールは学校のホームページクリックで表示にあります。時間割は次回:5月14日から
  受付   9:10~   9:25    学習①  9:30~10:30
  休憩   10:30~ 10:45  学習②   10:45~11:45
    ※学習①、②で、英語と国語の入れ替わる60分授業一日2科目。
  帰宅 11:45~12:00  
 開催日は保護者は児童を奥野小に送りとどけ解散時に迎えます。1年生の参加は次回の5月14日からとなりました。毎月1回(第二週)。これも強化された点。市役所の努力のたまものです。
 ところで、学習を指導する際のアシスタントが増えると一層充実するのですが・・、ボランティアなので募りにくい。でも一人でも多くを求めています。まずは見学からはじめては如何でしょう。開催当日、受付にてお声をおかけ下さい。OB大歓迎ですよ。

 この日の午後は、日曜カッパ塾の土曜開催行事もスタート。年に14回予定のドッジボール&ドッジビー教室1回目。これらの日程はホームページにこちらクリックで表示あります。こちらもボランティア・アシスタントを求めています。日曜カッパ塾、文化・生活面にスポーツ行事も多くなりました。親子参加もOKです。

 この日10時からは、第7回懇話会でした。連休中?/案内の遅れか?以前より参加者は少なめ。でも新しい参加者から新鮮なご意見を頂き、広報へのご指摘もあったりして一層有意義でした。さらに鈴木前校長は"奥野小応援団長”と宣言、青木新校長は自己紹介に「奥野小グランドデザイン」組織目標(左下線文字クリックで表示)に「もっとやってみたい」と意欲面を盛り込んだこと強調。正確に、発展的にバトンタッチされたのがよく分かりました。
 奥野小のカッパ塾、着実に地区住民の活動参加は増えて発展の方向です。昭和の50年代、我が子の学んだあの頃、たくさんあった自然体の奥野の大人のこころ、いま再び甦らせ、地区住民の手で学校を盛り立てていきたいものです。(奥野小 学校評議員S.H)
PS)この日の午後は、奥野ライナーズの練習日。子どもたち、午前は学習、午後スポーツでしたよ。